有人潜水艇「奮闘者」号、中国有人潜水新記録を樹立―中国メディア

人民網日本語版    2020年11月20日(金) 22時20分

拡大

中国が独自開発した大国の代表的な製品である全水深有人潜水艇「奮闘者」号が19日午前10時9分、マリアナ海溝の海底に到達した。資料写真。

ディープブルーの夢を追う中国人は、再び潜水で大きな一歩を踏み出した。

中国が独自開発した大国の代表的な製品である全水深有人潜水艇「奮闘者」号が19日午前10時9分、マリアナ海溝の海底に到達した。「奮闘者」号は今月10日、13日、16日の3回の1万メートル級海洋試験に続き、再び1万メートルの潜水を行った。

マリアナ海溝は世界で最も深い海溝で、海底に逆さまにそびえる峰のようになっている。その最も深い「チャレンジャー海淵」の最大水深は1万1034メートルで、チョモランマ(エベレスト)の頂上に華山(標高2154.9メートル)を加えた高さに相当し、現在知られているうち海で最も深いエリアとされている。「奮闘者」号は10日にチャレンジャー深淵で水深1万909メートルの海底に到達し、中国有人潜水の新記録を樹立した。また3人が同時に海の最も深いエリアに到達したのは世界初。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携