「韓国では親日と罵倒されるが日本では…」韓国の美し過ぎる議員が苦悩を吐露

Record China    2020年11月21日(土) 8時20分

拡大

20日、韓国・毎日経済によると、ナ・ギョンウォン未来統合党元議員が回顧録で「韓国内では反体政派とメディアが私を『親日』と罵倒するが、日本では『反日議員』とみなされている」と苦悩を吐露した。資料写真。

2020年11月20日、韓国・毎日経済によると、「美し過ぎる議員」として注目を集めた韓国のナ・ギョンウォン未来統合党(現・国民の力)元議員が回顧録で「韓国内では反体政派とメディアが私を『親日』と罵倒するが、日本では『反日議員』とみなされている」と苦悩を吐露した。

記事によると、ナ元議員は回顧録で「政治家ナ・ギョンウォンに必ず付随してくる(ポータルサイトの)関連検索ワードが“ナベ”だ」とし、「私の名字と安倍晋三前首相の名字の一文字を合わせた悪意ある造語だ」と説明した。

また「政治家など社会のリーダーやセレブを攻撃する際に最も簡単で強力な武器が親日派と呼ぶこと」とし、「一時的な否定的世論とメディアの攻撃に委縮して退けば、そのときからさらに執拗な攻撃が始まる」と指摘したという。

これに韓国のネットユーザーからは「自衛隊の行事にも熱心に参加したのに日本の誰が反日政治家と呼ぶ?」「親日と言われだしたのは自衛隊の創設行事に参加したときから。自業自得だ」「そんな人が日本の天皇の誕生日パーティーに行ったの?日本人が反日政治家を招待するわけない」「反日である証拠は?過去の行動を見ると、決定的な瞬間はいつも親日だった」など、ナ元議員への厳しい声が続出している。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携