Record China

ヘッドライン:

韓国で市場シェア70%突破のサムスンスマホ、なぜ中国ではほとんど見かけないのか―中国メディア

配信日時:2020年11月20日(金) 7時20分
拡大
中国メディアの海西商界は、「韓国で市場シェア70%突破のサムスンスマホ、なぜ中国ではほとんど見かけないのか」とする記事を掲載した。写真は中国国内のサムスンスマホ販売店。近年は数が減っているという。

中国メディアの海西商界は18日、「韓国で市場シェア70%突破のサムスンスマホ、なぜ中国ではほとんど見かけないのか」とする記事を掲載した。

記事はまず、「コリア・ヘラルドが15日、調査会社Strategy Analyticsのデータを引用して伝えたところによると、韓国サムスン電子のスマートフォンは2020年第3四半期に初めて国内市場シェアが70%を超えた。ライバルである米アップルとLGエレクトロニクスは共にシェアを落とし、アップルは8.9%だった。サムスンの生産台数は340万台で、国内市場の72.3%を占めた」と伝えた。

その上で、「世界最大のスマートフォンブランドを中国でほとんど見かけない原因」として、まず2016年にGalaxy Note 7で本体の発熱による発火事故が相次いだこととそれに伴う謝罪の遅れを挙げ、「中国国内での評判は崩壊し、中国の消費者を失望させ、これにより、サムスンスマホの中国市場シェアは2018年に1%を切るに至った」とした。

また、もう一つの原因として、コストパフォーマンスに優れた中国国産ブランドの台頭を挙げ、「売り上げを伸ばすためにフラッグシップ機の価格に手を付けたがらないサムスンは、他のブランドによって生存空間を押しつぶされるしかなかった」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング