Record China

ヘッドライン:

1031億キロワット時!三峡発電所が単独水力発電所年間発電量の記録を更新―中国

配信日時:2020年11月20日(金) 7時50分
拡大
三峡発電所が単独水力発電所年間発電量の記録を更新した。

中国長江三峡集団有限公司は18日、「洪水対策、水上運輸、水資源利用などの総合的な効果と利益を存分に発揮するのと同時に、三峡ダムの2020年発電量は、11月15日午前8時20分の時点で1031億キロワット時に達し、南米のイタイプダムが2016年に打ち立てた単独水力発電所としての年間発電量1030.98億キロワット時の世界記録を塗り替えた。北京日報が伝えた。

今年の増水期、長江流域では計5回にわたり洪水が発生し、ピークのダム流入量は、毎秒7万5000立方メートルという過去に類を見ない数値に達した。三峡集団は、出水期の三峡ダムプロジェクトの各種リスク管理コントロール措置を着実に進め、三峡発電所のユニット運用状況を最適化し、流域における精確な降雨予測能力および発電所連携調整能力を高めることに成功した。三峡ダムプロジェクトは終始安全・安定した状態にあり、ユニット設備は制御可能な状態が続いている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国企業とラオス政府、ダム決壊の「責任」めぐり攻防加熱―韓国メディア

31日、中国新聞網によると、ラオス南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムで23日に起きた決壊をめぐり、「工事を請け負っていた韓国企業とラオス政府との間で、責任の所在をめぐる攻防が加熱している」と韓国メディアが報じている。写真は中国の救援隊。

Record China
2018年8月2日 10時40分
続きを読む

ランキング