文在寅大統領が特赦検討、李明博元大統領はチャンスあり、朴槿恵前大統領は…―中国メディア

Record China    2020年11月19日(木) 13時20分

拡大

18日、海外網は、韓国の文在寅大統領が自身4度目となる特赦を検討しており、対象に李明博元大統領が含まれる可能性があると報じた。

2020年11月18日、海外網は、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自身4度めとなる特赦を検討しており、対象に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が含まれる可能性があると報じた。

記事は、韓国メディアの報道として、文大統領が4度目の特赦を検討しており、現時点で特赦の時期や対象は確定していないものの、78歳の李元大統領や、76歳の韓明淑(ハン・ミンスク)元首相が候補として浮上していると伝えた。

韓元首相は2015年に政治資金不正授受により懲役2年の判決を受け17年に刑期を終えているが、議員資格などを失ったままだという。李元大統領は収賄や横領などの罪で10月に懲役17年の刑が確定、現在服役中だ。

なお、収賄罪などの罪に問われている朴槿恵(パク・クネ)前大統領については、裁判所の判決が確定していないため、今回の特赦の対象に含まれる可能性はほぼないとのことである。

記事は、文大統領がこれまで3回にわたり特赦を実施しており、就任間もない2017年には6444人、19年2月の2度目には4378人、同年12月の3度目には5174人の刑事犯、兵役拒否者、選挙犯罪人などに対して減刑、権利回復などを行ってきたと伝えている。

一方で、韓国世論では大統領の特赦権をけん制する動きも見られており、特権廃絶、腐敗抑止の突破口として特赦を中断すべきとの声が出ていると紹介した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携