韓国人の「ラーメン愛」が冷めた?=韓国ネット「値段は上がって味は落ちた」「麺がどんどん小さく…」

Record China    2020年11月22日(日) 11時50分

拡大

18日、韓国・国民日報は、韓国人の「ラーメン愛」が冷めつつあると伝えた。資料写真。

2020年11月18日、韓国・国民日報は、韓国人の「ラーメン愛」が冷めつつあると伝えた。

記事によると、韓国農村経済研究院のパク・ギファン先任研究委員が、統計庁の家計動向調査資料を分析した結果、ラーメンを好む傾向が14年ぶりに下落した。2005年の場合、第1分位(所得水準下位20%)の家計における加工食品の支出比重は、「牛乳」「お菓子」「乾燥唐辛子」「パン」に続き「ラーメン」が5番目に高かった。第2分位(20~40%)、第4分位(60~80%)も同じく5位で、第3分位(40~60%)では4位を占めていた。

ところが昨年は、第1・2分位では7位に、第3・4分位では8位に下落したという。

原因は「コンビニや大型スーパーのインスタント・冷凍食品など、ラーメンの代わりになる食品が発売されたため」とされている。昨年の場合、第1分位を除いたすべての所得層でインスタント・冷凍食品の支出比重が3~4位を占めた。また、ダイエットや健康目的で消費を減らした影響もあるという。

これを受け、韓国のネット上では「ラーメンの味が昔に比べて落ちた」「値段は上がって、味はまずくなった」「昔より量も少なくなった」「麺の大きさがどんどん小さくなっている」など、原因として味やコストパフォーマンスを指摘する意見が多く寄せられている。

また「健康診断を受けて以降、体のために控えるようになった」「若者の高血圧者が増えている。若い時にしょっぱいものを食べ過ぎない方がいい」「ラーメンは太る」など健康面への悪影響を心配する声も少なくない。

その他「国民の所得水準が上がったから」「現代は食べ物にあふれているから」「コロナで出かけられずラーメンばかり食べていたら飽きた」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携