Record China

ヘッドライン:

世界で進むコロナ治療薬・ワクチンの開発、生産基地には韓国が人気?=韓国ネット「K-防疫のおかげだ」

配信日時:2020年11月19日(木) 8時20分
拡大
18日、韓国経済TVは、世界で新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの開発が進む中、韓国がその生産基地として人気だと伝えた。資料写真。

2020年11月18日、韓国経済TVは、世界で新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの開発が進む中、韓国がその生産基地として人気だと伝えた。

記事によると、サムスンバイオロジックスは今年だけで多国籍製薬会社2社とコロナ抗体治療薬の委託生産(CMO)契約を結んだ。4月のグラクソ・スミスクライン(GSK)に続き5月にはイーライリリーと契約を結び、初期分を最近納品した。イーライリリーのコロナ抗体治療薬は顧客会社からの技術移転期間を大幅に短縮して迅速な生産が可能だったという。イーライリリーのコロナ抗体治療薬は、コロナ感染から回復した患者の血液から抗体を抽出してつくった医薬品で、今月9日(現地時間)に米食品医薬品局(FDA)の緊急使用承認を受けた。

SKバイオサイエンスも7月にアストラゼネカとCMO契約を結び、8月にはノババックスと委託開発生産(CDMO)契約を結んだ。SKバイオサイエンスは臨床試験に必要なコロナワクチンを生産し、今後の産業用生産にも備えているという。

また、国際民間機構の感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)はこのほど、韓国のGC緑十字に2021年3月から2022年5月まで、コロナワクチンのCMOを任せると発表した。同期間にGC緑十字を通じて5億dose(1回の接種分)のワクチン生産を目標としているという。

その他、世界で初めて承認されたロシアのワクチン「スプートニクV」も、韓国のバイオ企業GLラファで一部が生産されるという。

ただ記事は「最も完成に近いとされる米国のファイザーやモデルナのワクチンの生産ではないため、限界がある」とも指摘している。

これを見た韓国のネットユーザーからは「K(韓国式)-バイオはK-防疫の成功のおかげ。1日でも早くコロナが終息してほしい」「コロナにしっかり対応したからこうやって経済的効果が得られたんだ」など喜ぶ声が上がっている。

一方で「大事なのは開発であって生産工場じゃない」「そんなに喜ぶこと?下請け会社に過ぎないのに」「K-バイオ=下請け工場なの?」「他人のものを委託生産するだけで満足せずに、韓国国民に接種するワクチンをつくり、国民に安全をもたらすことが韓国の製薬会社の義務だ」などと指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング