「ウイルス退散!」、AI消毒ロボットが登場―中国

人民網日本語版    2020年11月18日(水) 16時50分

拡大

注意深い乗客は最近、江西省の南昌駅と南昌西駅にかわいらしい常駐「アルバイター」、消毒ロボットが登場したことに気づいている。

(1 / 2 枚)

【音声ニュースを聴く】

その他の写真

江西省の南昌駅と南昌西駅の利用客のうち注意深い人なら、この2駅に最近、かわいらしい消毒ロボットが登場したことに気づいているだろう。この小さな「働くロボット」は毎日、設定されたルートで勤勉に働き、やさしく消毒スプレーをまき、歩行者に道を譲り、行き来する乗客に礼儀正しく接している。新華網が伝えた。

南昌西駅旅客輸送当直員の梁芯さんによると、この消毒ロボットは携帯アプリで操作が可能で、1度に2万平方メートルの範囲の消毒を行える。さらに自動的に障害物や乗客を回避する機能を持ち、人件費を大幅に削減した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携