Record China

ヘッドライン:

<コラム>撮影所の廃墟!「釣魚台影視基地」レポート!!

配信日時:2020年11月23日(月) 16時10分
拡大
釣魚台のすぐ近くには撮影所の釣魚台影視基地がある。
(1/11枚)

陝西省宝鶏市岐山県は周王朝発祥の地として知られ、『三国志』の五丈原もあり、岐阜の地名の由来にもなっている。周辺には太公望呂尚(中国では一般的に姜子牙と称されている)が釣りをしていた際に周の文王にスカウトされた釣魚台という観光地もある。太公望といえば、古典の『封神演義』の主役級の登場人物だが、筆者は釣魚台に1998年、2012年、2018年と3回訪問してみても観光客は非常に少なかったのが印象的だった。

その他の写真

釣魚台のすぐ近くには撮影所の釣魚台影視基地があり、こちらも筆者は同じく3回訪問している。1998年の時点では一部、建設中で入れず、フィルムをケチってろくに撮影していなかったのが悔やまれる。漢の時代の建物を再現した同影視基地では『封神演義』『西遊記後伝』や『大秦腔』といった時代劇が撮影されていた。2012年の時点では入園しようとすると、犬に吠えられ、周辺の農民らしき中年男性に入場料金10元(約160円)を徴収された。しかし入園してみると、建物の崩落している部分が目立ち、現役の観光施設とは信じられないレベルで雑草が生い茂っていた。写真の男性はこの日のタクシードライバーで、当然ながら我々の他に来園者はいなかった。ドライバーは同影視基地の外観を見て、「最初は農家の集落だと思った」と感想を述べていたが、住民が生活している集落がさすがにここまでボロくはないだろう。今回紹介する同影視基地の内部の写真は2012年に撮影したものだ。

宝鶏は古代中国の伝説的な帝王である炎帝ゆかりの地でもあることから、市内に2012年に宝鶏炎帝影視基地という撮影所兼テーマパークが竣工。これまでに『英雄時代』といった時代劇の撮影も行われ、2013年9月には運営開始、翌年末にはすでに10万人以上の来園者があった。岐山県には2013年に高速鉄道が開通してアクセスは便利になったものの、釣魚台影視基地の衰退は止まらなかった。

2018年に同影視基地へ再々訪すると、以前よりも建物の崩壊が更に進行し、入口は閉ざされていた。外観の写真は2018年に撮影したものだ。工夫次第では例えば、爆撃後の街並みのロケ地として撮影することも可能なのかもしれないが、すでに閉鎖されている模様。日本でも高度成長期やバブルの時期に建設された娯楽施設が来園者の減少やメンテナンス不足による老朽化、廃墟化するケースと同様に、哀愁を感じる。中国には前回紹介した襄陽唐城影視基地のような圧倒される規模の撮影所もあれば、釣魚台影視基地のように廃墟化する例もある。

■筆者プロフィール:関上武司
1977年の愛知県生まれ。愛知大学経営学部卒。中国で留学や駐在員としての勤務経験あり。中国遊園地の取材で中国の全省、全自治区、全直轄市へ訪問。会社員の傍ら、書籍執筆や連載、イベントも開催。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング