Record China

ヘッドライン:

マクドナルド中国が「マックカフェ」に397億円、店舗数は4000超に―中国紙

配信日時:2020年11月17日(火) 13時20分
拡大
マクドナルド中国は16日、コーヒーブランドの「マックカフェ」について、今後3年間で約397億円を投じる方針を明らかにした。資料写真。

マクドナルド中国は16日、コーヒーブランドの「マックカフェ」について、今後3年間で25億元(約397億円)を投じる方針を明らかにした。中国紙・新京報が同日付で伝えた。

記事によると、マクドナルド中国の責任者はマックカフェの国内店舗数が2023年には4000店舗を超えるとの見通しを表明。今年は北京、上海、広州、深センのマクドナルド店舗をカバーし、来年は南京、蘇州、杭州、福州、アモイ、天津、成都に広げるという。

同社の張家茵(ジャン・ジアイン)CEOは「中国のコーヒー市場は勢いのある発展を遂げ、消費者はよりコーヒーを理解し、好むようになった」と語り、「今後、マックカフェの新店舗開発や設備のレベルアップ、人材トレーニングなどへの投入を拡大する。3年間の投資額は約25億元になる見込みだ」と説明。その上で、「マクドナルドのある場所には濃厚な香り漂うマックカフェがある。これが目標だ」と意気込みを示した。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング