ロイター「日豪が歴史的な防衛協定に署名へ」=環球時報「またも中国絡み」

Record China    2020年11月18日(水) 8時20分

拡大

環球時報のニュースサイトは16日、「ロイター通信によると、日本とオーストラリアは17日に歴史的な防衛協定に署名する可能性がある」と報じている。写真は海上自衛隊ホームページより。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報のニュースサイトは16日、「ロイター通信によると、日本とオーストラリアは17日に歴史的な防衛協定に署名する可能性がある」とし、「またも中国絡み」との見出しをつけて伝えている。

環球時報の記事はまず、「ロイター通信の16日付報道によると、日本の菅義偉首相とオーストラリアのモリソン首相は17日、アジアにおける中国の影響力の高まりに対抗するため、アジアの二つの主要な米国の同盟国を緊密に連携させる歴史的な防衛協定に署名する可能性がある。モリソン首相は17日に日本を訪れる。安全保障の専門家は、モリソン首相が菅首相と円滑化協定(RAA)を締結して、自衛隊とオーストラリア軍の共同訓練実施のための法的枠組みを確立するとみている」と伝えた。

RAAについては、「交渉に6年を要したこの協定は、両国議会による批准が必要となる。2014年7月、当時の安倍晋三首相とアボット首相との会談で交渉入りした」と紹介。「注意すべきなのは、ロイター通信によると、日本とオーストラリアはこの地域での中国の活動を懸念しているためより緊密な関係を模索していることだ」とした。

記事はその上で、オーストラリアが今月初め、インド東方のベンガル湾で実施されたインド、日本、米国との共同訓練に参加したことについて、中国外交部の汪文斌(ワン・ウエンビン)報道官が、「関係国のこうした軍事行動が地域の平和と安定に資するものであって、その逆でないことを望む」とコメントしたことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携