中韓の民族衣装バトル、韓国メディアがこんなことまで言い出した!―中国メディア

Record China    2020年11月16日(月) 17時20分

拡大

15日、中国メディアの観察者網は「こんなことまで言えるのか」と題する記事を掲載した。

2020年11月15日、中国メディアの観察者網は「こんなことまで言えるのか」と題する記事を掲載。韓国メディアが「明朝の漢服は、朝鮮半島の『高麗様』が起源である」と主張していると報じた。

記事は、先日中国のネットユーザーが古代中国の衣装をベースにしたファッションのイラストをSNS上に掲載したところ、中韓両国のネットユーザーの間で「これは韓国の服装」「韓国の服装は中国から伝わったもの」などといった議論が巻き起こったことを紹介した。

その上で、韓国・聯合ニュースが13日に報じた内容の中で、「明朝の漢服は『高麗様』が起源である」との見解を示すとともに、中国のネットユーザーによる「韓服は漢服を起源とする」という説に対して「ねじ曲がった民族主義による歴史的事実の歪曲(わいきょく)」と主張したことを伝えている。

また、同様の言論は今月初めに聯合ニュースが発表した「われわれの韓服は中国の漢服からきたものなのか」と題する文章でも言及されていたと指摘。そこには「われわれの韓服の起源は紀元前7~3世紀に活躍した中央アジアの遊牧民族を起源とするもの」「朝鮮王朝時代、われわれの服飾制度は明朝と同じだったが、それは宮廷に限られたものだった。一般の服装はオリジナルの特徴を持っていた」と記述されていたほか、「韓服の始祖である高麗様はやがて中国大陸に伝わり、当時の明朝で流行したのである」と論じられていたと紹介した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携