Record China

ヘッドライン:

ユニクロで大混乱!?中国かと思ったら日本だった! 中国ネット「化けの皮剥がれた」「何でも中国のせいにするな」

配信日時:2020年11月16日(月) 11時30分
拡大
15日、日本のユニクロ店舗で著名デザイナーとのコラボ商品をめぐって混乱が生じて物議をかもしたことが、中国版ツイッター・微博で紹介され、議論を呼んだ。写真はジル・サンダーの+J。

2020年11月15日、日本のユニクロ店舗で著名デザイナーとのコラボ商品をめぐって混乱が生じて物議を醸したことが、中国版ツイッター・微博で紹介され、議論を呼んだ。

観察者網の微博アカウントは15日、ユニクロが13日に人気デザイナーのジル・サンダーとのコラボレーション商品を世界同時発売したところ、愛知県名古屋市の店舗で大勢の客が殺到して「密」になる状態が発生したと報じた。

現場がソーシャルディスタンスなど忘れ去られたかのように人であふれかえり、混乱の中でガラスが割れたり、マネキンに着せられていた見本も取られて「丸裸」になったと紹介。その「惨状」を撮影した動画や画像がTwitterなどで拡散し注目を集めた一方で、一部の日本ネットユーザーが「これは中国ではないのか」「暴れたのは外国人の転売屋」などとつぶやく事態も発生したと伝えている。

記事はその上で、同じ商品が発売された13日の浙江省杭州市の店舗では、オープン前の店頭にマスクを着用した市民がきれいに整列して待ち、オープン後も秩序が保たれている様子を写した画像とともに「日本で起きた混乱を中国になすりつけないでほしい」という反論ツイートが見られたと紹介した。

この件について、中国のネットユーザーは「何でもかんでも中国のせいにするな」「これはもはや日本びいきや精神日本人(※自身を精神的には日本人であると考える人)も弁解の余地もあるまい」「そうだろうよ。日本のネットユーザーは汚いもの、秩序がないものはなんでも中国だと思い込んでいるのだから」「日本のネットユーザーは自国民のモラルに対して自信過剰になっているのでは?」といった感想を残している。

また、新型コロナウイルスの感染が再拡大しつつある状況下での出来事に「コロナによって多くの場所でモラルの化けの皮が剥がれた印象。中国人観光客がこれまでどれほど濡れ衣を着せられてきたのか」との意見も。「中国じゃあネットで購入するだろうに」など、いまだに店頭販売で混乱を引き起こす状況に、「日本は中国よりも遅れている」という認識を示すユーザーも見られた。

さらに、「日本人はちゃんと列に並ぶはず。暴れたのはきっと中国人留学生なんだ」など、皮肉めいたコメントもあった。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング