Record China

ヘッドライン:

中国の調査船、スリランカ海域でインド軍の作戦に不可欠なデータ収集か―インドメディア

配信日時:2020年11月16日(月) 14時40分
拡大
インドメディアのThe Printは14日、「スリランカ海域の2隻の中国の調査船がインド海軍の目に留まっている」と報じている。写真はコロンボ。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報のニュースサイトによると、インドメディアのThe Printは14日、「スリランカ海域の2隻の中国の調査船がインド海軍の目に留まっている」とし、「海軍の作戦、特に潜水艦の作戦に不可欠なデータを収集するためのより大きな策略の一部の可能性がある」と報じている。

The Printが防衛・治安当局の情報筋の話として伝えたところによると、2隻の船はこの1カ月間、スリランカの周辺海域で活動している。中国の調査船はこの10年間、この海域を定期的に訪れている。

2隻の船は、15世紀初頭にスリランカ周辺海域で沈没したとされる中国の鄭和の宝船の残骸を見つけるために配備されている。2014年に両国間で残骸の捜索を含む海洋調査を実施する協定が署名された。

だが防衛・治安当局は声明で、中国の調査船の持続的な存在が残骸の捜索にだけ関連していることに疑問を示している。調査船がスリランカ当局に活動の詳細を開示していないためで、声明は「調査船が(インド)海軍の作戦、特に潜水艦の作戦に不可欠なデータを収集している可能性がある」としている。

環球時報のニュースサイトは、The Printのこうした報道を取り上げた上で、「インドメディアは神経過敏になっているようだ」と論じている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング