Record China

ヘッドライン:

ソウルの空を飛んだ韓国初のドローンタクシー、中国製と分かり批判殺到

配信日時:2020年11月16日(月) 10時20分
拡大
12日、韓国・中央日報は、11日に韓国初となる「ドローンタクシー」の飛行実験がソウルで行われ注目を集めたが、「なぜ初飛行に中国製ドローンを用いたのか」との声が上がっていると伝えた。資料写真。

2020年11月12日、韓国・中央日報は、11日に韓国初となる「ドローンタクシー」の飛行実験がソウル・汝矣島(ヨイド)行われ注目を集めたが、一転して「なぜ初飛行に中国製ドローンを用いたのか」との声が上がっていると伝えた。

飛行実験はソウル市と国土交通部の主催によるもので、使用された中国のドローンメーカー「億航(EHang)」の2人乗りの機体だった。このため「なぜ中国製ドローンの宣伝をするのか」「国産化を第一とすべきではないか」「(国産機が)ないならどうか(中国製を)使わず、製作に心血を注いで」などの声が上がったという。

これに対し、市と国土部は「国内企業がドローンタクシーの開発を進めているが、現時点で飛行可能な機体を保有していないため、億航から3億ウォン(約2800万円)で購入した」と説明している。

市の交通政策課関係者によると、「2025年金浦(キンポ)空港~蚕室(チャムシル)テスト路線、2028年商用化路線の構築という国土部の目標があり、離着陸場の準備などに取り組まねばならず、インフラや制度の構築のための実証の意味で、まず飛行可能な機体で実験した」という。国土部未来ドローン交通担当官の関係者も、「今回の飛行実験は行事の一部分で、外国製の機体だということに大きな意味はない」と釈明している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「そんなに急いで中国のドローンでやるべきことなの?韓国も開発中なのに」「まったくプライドのない政府だ。ドローンの飛行実験なんて、お金をかけて今急いでやるほど重要か?」「こんなことに税金3億ウォンをつぎ込んだの?」「無料で中国製ドローンの宣伝をしてやり、逆に3億ウォンも与えるなんて」「国が率先して中国の宣伝。ばかだね」など、批判の声が殺到している。

また、「反日はするのに反中はしないのか」「親日派、売国奴と毎日うるさいのに、よほどこっちのほうが売国奴だ」というコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング