Record China

ヘッドライン:

アップル、志願して中国へ渡航して働く米国の社員に1日500ドルのボーナス支給―中国メディア

配信日時:2020年11月13日(金) 6時0分
拡大
米アップルは10月から、志願して中国へ渡航して働く米国の社員に、1日500ドルのボーナスを支給しているという。写真はアップル本社。

中国のテック系メディア、網易科技の12日付報道によると、米アップルは10月から、志願して中国へ渡航して働く米国の社員に、1日500ドル(約5万2000円)のボーナスを支給しているという。

新型コロナの感染拡大を受け、アップルは社員の中国への渡航を制限していたが、制限はすでに解除されたという。

中国での滞在は、上海での2週間の隔離を含めて最低6週間が求められているという。

社員は出国前に新型コロナウイルの検査とヘルスチェックを受ける。中国入国後は、上海市政府が手配したビジネスホテルで隔離される。隔離が終わると、コロナ前と同様にマリオットやパークハイアットなどの高級ホテルに宿泊できるという。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング