Record China

ヘッドライン:

韓国に新幹線の3倍の速さの「夢の列車」が誕生する?模型テストで時速1000キロ突破=ネットに期待の声

配信日時:2020年11月12日(木) 11時40分
拡大
11日、韓国・ヘラルド経済は「時速1000キロメートルを突破する『夢の列車』時代が目前に迫っている」と伝えた。資料写真。

2020年11月11日、韓国・ヘラルド経済は「時速1000キロメートルを突破する『夢の列車』時代が目前に迫っている」と伝えた。

記事によると、韓国鉄道技術研究院は同日、現在開発中の超高速列車「ハイパーチューブ」の模型テストで、時速1019キロメートルの速度を達成したと発表した。時速1000キロメートルは飛行機に匹敵し、韓国のソウルから釜山まで20分で行くことができる速度だという。

ハイパーチューブは真空状態に近いチューブトンネルの中で空気抵抗を最小化して移動できる未来の交通手段として注目されている。性能を予測し、それに合わせて設計するには真空に近い環境での模型テストを通じた分析が必要となる。気圧を下げて真空に近い状態にするほどより速い速度を実現できるが、その環境に耐えられる模型を作ることは容易でない。これまでに開発された模型のうち最も速い速度を実現したのは日本と中国で、時速600キロメートルだったという。

今回の研究成果は実際のハイパーチューブで時速1019キロメートルの速度を達成したわけではないが、「基本設計のための主要技術を確保した」と評価されているという。同院は「実際にハイパーチューブを設計する際、車両とチューブの大きさ、形、圧力などを決めるのに役立つ」と話しているという。同院は24年までに時速1200キロメートルの速度を達成し、その後に実証に向けた新たな研究課題を進めていく計画という。

これに韓国のネットユーザーからは「拍手!素晴らしいね」「実用化されたらとても便利になるだろう。早く乗ってみたい。開発を必ず成功させてほしい」「ロシア、中国、日本、東南アジア、インド、欧州までそれでつながれば本当に夢のようだ」「釜山からソウルまで毎日出勤できる日が来るということ?」「全世界に輸出したらすごいことになる!」など期待の声が続々と寄せられている。

一方で「まだ模型テストの段階で騒ぐのはどうなの?それにソウル~釜山区間の真空トンネル建設費用はどうする?」「まずは安定して時速300キロメートルで走れる列車をつくってほしい」と冷静な声や、「実際は各地域ごとに停車駅ができ、路線はS字に曲がって結局はソウルから釜山まで3時間くらいかかるのでは?」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング