Record China

ヘッドライン:

防護服姿での来日は日本への挑発? 中国元体操選手が反論「自分だけでなく他の人への責任でもある」

配信日時:2020年11月10日(火) 16時20分
拡大
10日、中国のポータルサイト・百度に、大会のために来日した中国体操選手団が「完全防備」で入国したことについて、中国の元体操選手が「大げさなことではない」と評したとする記事が掲載された。

2020年11月10日、中国のポータルサイト・百度に、大会のために来日した中国体操選手団が「完全防備」で入国したことについて、中国の元体操選手が「大げさなことではない」と評したとする記事が掲載された。

記事は、中国体操選手団が5日に日本の空港に到着した際に全身を防護服で覆い、顔にはゴーグルを着用して姿を見せたと紹介。この光景を取り上げた日本のテレビ番組司会者が驚きの表情を見せたと伝えた。

また、日本のネットユーザーからは「そんなに嫌なら来なければいいのに」「まるで日本でウイルスがひどくまん延しているかのよう」「日本をばかにする挑発的行為」との批判が寄せられたとしている。

その上で、競技中の事故により半身不随となった元体操選手の桑蘭(サン・ラン)さんが9日にSNS上で自らの見解を示したことを伝えた。

桑さんは「国内外の新型コロナウイルス感染状況がいまだ予断を許さない状況で出国して大会に参加するというのはやはりリスクを伴うこと。そして、しっかり防護するというのは自分自身だけでなく、他の人に対する責任の表れだ。高い強度の運動をするアスリートはウイルスに感染すれば多少なりとも影響が出る。国が優秀なアスリートを育てるのは容易なことではない。防護、予防は妥当なものだ」とし、全身防護服姿で日本に入国した選手たちの様子について「競技場で結果を示すことが大事。何ら驚くことではない」と評した。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング