Record China

ヘッドライン:

韓国の「抜け毛人口」は1000万人!? 若年化が顕著、女性も―中国メディア

配信日時:2020年11月10日(火) 6時40分
拡大
中国中央テレビ(CCTV)は8日、韓国では抜け毛に悩む人が1000万人に上ると報じた。

中国中央テレビ(CCTV)は8日、韓国では抜け毛に悩む人が1000万人に上ると報じた。

韓国健康保険審査評価院(HIRA)によると、抜け毛で治療を受けた人は、2015年の20万8500人から19年には23万3600人と4年で12%増加した。ただ、実際に抜け毛の症状がある人は1000万人に上ると推計されているという。これは、同国の人口の5分の1に相当する。

CCTVのソウル駐在記者は、韓国の“抜け毛人口”が1000万人に上る背景として「若年化」があると説明。「病院で治療を受ける人の年齢は年々低下しており、昨年は20~30代がおよそ4割を占めた」と伝えた。

また、抜け毛の原因については、専門家の話として「ここ数年、韓国の経済成長が鈍化し、社会の競争が激しくなっている。若者は就職や住宅購入においていずれも強いストレスにさらされている」としたほか、「若者がスマートフォンなどの電子製品を使用する時間もますます長くなっており、生活が不規則になっていることで髪の毛が抜けやすくなっている」と説明した。

一方で、「薄毛は新たな商機にもなっている」と指摘。抜け毛に悩む若者の4割超が女性ということで、「これまでは主に男性をターゲットにしていた抜け毛予防シャンプーなどのブランドが、若い女性をターゲットにパッケージが美しく、頭皮を保護する成分を配合した新商品を相次いで開発している」と伝えた。韓国の関連商品の市場規模はすでに4兆ウォン(約3700億円)に達しているという。

この話題は、中国版ツイッターと呼ばれる微博(ウェイボー)でも大きな関心が寄せられている。「思わず自分の髪の毛を見ちゃったよ」「中国でも統計を取ってみた方がいい」「中国にも抜け毛に悩む人は多い。私ももうすぐはげそう」「これはもはや世界的な悩みごとのひとつ」「私の髪の毛は、くしやドレッサー、床、まくらにはあるのに、頭の上にはない」「ストレスが大きく、睡眠が不足すると髪の毛が抜ける。人生はつらく短い。あまり自分を追い込まないほうがいい」といったコメントに多くの共感が集まっており、韓国と同様に抜け毛や薄毛に悩む人は少なくないようだ。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング