フェイ・ウォンの14歳娘、誹謗中傷に耐えかねてインスタ削除か、「親が偉大だと不憫」の声

Record China    2020年11月9日(月) 23時0分

拡大

女性歌手フェイ・ウォンと俳優リー・ヤーポンの娘、李嫣さんがインスタグラムの投稿を全削除したことが、誹謗中傷に傷ついての行為ではないかと話題になっている。

女性歌手フェイ・ウォン(王菲)と俳優リー・ヤーポン(李亜鵬)の娘、李嫣(リー・イエン)さんがインスタグラムの投稿を全削除したことが、誹謗中傷に傷ついての行為ではないかと話題になっている。

2006年生まれで14歳の李嫣さんは、フェイ・ウォンの次女。昨年秋にはスイスにある名門ボーディングスクールのコレージュ・ボー・ソレイユ(College Alpin Beau Soleil)に入学し、年間の学費が約1200万円という貴族学校のゴージャスさも話題になった。

幼い頃からおしゃれに敏感で、インスタグラムでもファッションを意識した写真を投稿してきた李嫣さんだが、このほど全投稿を削除したことが明らかに。「入ってくる前に、全ての偏見を捨てて」と短い一文のみを残しており、ネットユーザーからの誹謗中傷に耐えかねた行動ではないかと推測されている。

李嫣さんは今年6月、友人との写真を投稿した際、“見せびらかし”の批判を避けるためか、ブランドバッグのロゴを消していたが、これが逆に非難されることに。先天性の口唇口蓋裂で何度か手術を受けている李嫣さんだが、これに関連して李嫣さんの外見に触れる心ないコメントが見られることもあった。

写真が全てなくなった李嫣さんのインスタグラムには、「妬みや嫌がらせに負けないでほしい」「心の傷になっていないことを祈る」といった激励や心配の声、「偉大な歌姫の子供は本当に苦労が多い」「親が有名すぎると何をしても注目されて不憫だ」と李嫣さんの状況を思いやるコメントが寄せられている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携