Record China

ヘッドライン:

中国がインド軍念頭にステルス戦闘機J-20配備、インドは対抗して仏製ラファール機投入へ

配信日時:2020年11月9日(月) 8時20分
拡大
中国がインド軍を念頭にステルス戦闘機の「J-20(殲-20)」(写真)を前線基地に配備したとの見方が出ている。インド側はフランスから輸入したラファール戦闘機を投入しているという。

中国のニュース/ポータルサイトの新浪網は7日、インド・メディアを引用して、中国がインド軍を念頭にステルス戦闘機の「J-20(殲-20)」を前線基地に配備したという。インドも対抗上、フランスのダッソーが開発したラファール戦闘機を投入しているという。

インド側が衛星から撮影した画像に、新疆ウイグル自治区のホータンにある基地に駐機するJ-20とみられる機体が写っていた。ホータンから出撃した場合、インド北部のラダック地区への攻撃が考えられるという。すでに8月時点で、米国メディアによると、中国は中印国境地帯に配備する戦闘機を倍増させたとの報道もあった。

中国とインドは、国境線をめぐる対立を続けている。5月上旬には中印両軍による殴り合いによる衝突が発生し、双方に負傷者が出たとされる(死者が出たとの説もあり)。火器は使われなかったと報じられたことから、双方ともに抑制が働いていたとも解釈できるが、6月には再び衝突が発生し、インド側に20人以上の死者が出たとの報道もある。

中国、インドの双方とも、争いを劇化させたくないとの意向を示しており、事態打開のための協議を重ねているが、現状では双方とも国境地帯に軍を終結させたまま「越冬」させる構えとされている。

記事によると、インド側も前線基地にMiG-29、Su-30、ミラージュ2000などの戦闘機を投入している。また、フランスから導入したばかりであるインドにとって新鋭機のラファール戦闘機も、習熟のための飛行訓練を実施しているという。インド軍はすでに、ラファール8機を入手しており、2021年4月には新たに13機が到着する予定とされる。

中国側もチベットの空域での空中活動を増やし、空軍基地の施設の拡充なども実施しているとされる。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング