Record China

ヘッドライン:

ドラマ「如懿伝」嘉貴妃の女優シン・ジーレイ、激太りにネット騒然も「美人は美人」

配信日時:2020年11月8日(日) 15時0分
拡大
ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」などで知られる中国の女優シン・ジーレイが急激に太ったと話題に。また、本人のコメントも「かわいい」と注目を集めている。

ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」などで知られる中国の女優シン・ジーレイ(辛芷蕾)が急激に太ったと話題に。また、本人のコメントも「かわいい」と注目を集めている。

34歳の女優シン・ジーレイは、2018年にヒットした時代劇ドラマ「如懿伝」で人気が急上昇。同作では、清朝の第6代皇帝・乾隆帝に異民族から嫁いできた金玉妍こと嘉貴妃を演じ、後宮で妃たちを陥れて暗躍しつつも、籠の鳥である女性の悲哀を演じ、その妖艶な美しさでも話題になった。

5日、上海市で行われたスポーツメーカー主催のイベントに出席したシン・ジーレイだが、その時の様子がメディアに報じられると、ネット上で大きな話題に。「如懿伝」の時と比較すると目を疑うほど顔がふっくらし、かなり太った様子が誰の目にも分かるものだった。

中国版ツイッターでは、「悪意で写真をいじられたのでは?」「誰かの恨みを買ったのかも」などと陰謀論まで飛び出した激太り報道だが、この騒ぎにシン・ジーレイ自身が中国版ツイッターで反応。「謎解きです。確かにちょっと太った、ほんのちょっとだけね。でも、私のスマホの中にある写真と、修正済みの写真がリアルな私だと思ってる。それ以外は認めない!」と書き込んでいる。

太った自分を“幻想”扱いしたシン・ジーレイの投稿に対し、中国版ツイッターのユーザーからは「かわいい」「そうだよ、認めなくていい!」などの声が。また、「太っても美人は美人」「清朝では今のほうが美人なのかも」「唐朝の美人の基準」といったコメントも集まっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング