韓国社会の悲しい一面?道路脇の火事を発見した男性、「消火器貸して」と頼んだら…

Record China    2020年11月10日(火) 8時20分

拡大

6日、韓国・KBSによると、韓国のあるユーチューバーが道路脇で発生した火事を偶然発見し、周囲の店などに「消火器を貸してほしい」と求めたが、誰にも貸してもらえないという悲しい事態が発生した。資料写真。

2020年11月6日、韓国・KBSによると、韓国のあるユーチューバー男性が道路脇で発生した火事を偶然発見し、周囲の店などに「消火器を貸してほしい」と求めたが、誰にも貸してもらえないという悲しい事態が発生した。

記事によると、道路脇の花壇で発生した火事を発見したユーチューバーは、すぐさまユーチューブの中継を開始し、消火器を借りに近くの商店街に駆け込んだ。しかし、「火事が起こったので消火器を借りてもいいですか」とお願いするも、店主から「うちの消火器を持っていったら、私たちがまた新しい消火器を購入しなければならなくなる」との理由で断られてしまった。ユーチューバーはその後も他の店に助けを求めたが、目の前に消火器があるにもかかわらず貸してもらえず、結局はごみ置き場の横にあった竹ぼうきで火を消したという。

記事は「最近の韓国では、このような見て見ぬふりの実態があちこちで見受けられる」と指摘している。今年5月にはソウル駅で女性が見知らぬ男性に暴行を受ける事件が発生したが、誰にも助けてもらえない状況も発生していたという。記事は最後に「良い行いをしたにもかかわらず、本人が悲しい思いをした。これは韓国社会が変えていかなければならない一面」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「消火器はそんな高くないのに。ケチだね」「世知辛い世の中。理由もなく助けを求めたわけじゃないのに」など店主に批判的な声が上がっている。一方で「消火器の設置は法で定められてるから、貸したらまた買いに行かなきゃならない」「消火器は借りるものじゃない。ただ通報するか、どこかで買って持ってくるべき」と擁護する声も見られる。

また、このような社会になった原因について「法を執行する警察と裁判所が市民の心をこんな風にした」「国のトップが道徳的になってないから、国民も邪悪になる」「これぞ最近の韓国社会。弱点をつかまれたら訴えられる」と指摘する声や、「大変でつらい時こそ互いに助け合ってきた風習を守る韓国人になってほしい」と願う声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携