Record China

ヘッドライン:

輸出規制はもう忘れた?韓国の対日貿易収支赤字が増加=韓国ネット落胆「結局こうなるのか」

配信日時:2020年11月7日(土) 12時20分
拡大
6日、韓国・ヘラルド経済は「昨年7月に日本が対韓輸出規制強化措置を取った後から減少傾向にあった韓国の対日貿易収支の赤字幅が拡大している」と報じた。写真は韓国・江陵。

2020年11月6日、韓国・ヘラルド経済は「昨年7月に日本が対韓輸出規制強化措置を取った後から減少傾向にあった韓国の対日貿易収支の赤字幅が拡大している」と報じた。昨年は日本の措置を受けて始まった日本製品不買運動により消費財の輸入が減少し、対日貿易収支の赤字幅は過去16年で最低を記録していたという。

記事によると、韓国の先月の対日貿易収支は20億ドル(約2070億円)の赤字で、昨年4月(マイナス23億5000万ドル)以降で最大の赤字幅を記録した。

また、先月の対日輸出は前年同期比18.6%減少した一方、輸入は3.1%増加した。輸入増加をけん引した品目は自動車で、57.7%急増したという。

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、レクサスは先月の韓国市場で871台を販売し、ブランド別販売順位8位となった。9月(701台)と比べても24.3%増加、前年同月比でも約2倍増加した。トヨタも先月は553台を販売して9位になり、9月(511台)、前年同月比(244台)より販売台数が増加したという。

日韓国交正常化以降に韓国が日本を相手に貿易黒字を記録したことは1度もない。韓国は半導体など主要産業で急成長を遂げたものの、これに必要な素材・部品分野では日本に依存している状態だ。素材・部品の対日貿易収支は万年赤字で、最近5年だけでもその規模は763億ドル(約7兆8900億円)に達するという。

ところが昨年は対日貿易収支の赤字が過去16年で最低の200億ドル(約2兆690億円)となり、赤字幅が減少していた。日本は昨年7月、半導体・ディスプレーの主要素材3品目(高純度フッ化水素、フルオリンポリイミド、フォトレジスト)の対韓輸出規制を強化した。

これについて、現代経済研究院のチュ・ウォン研究室長は「対日貿易の赤字幅が今年は消費財品目の輸入が増えたことで輸出規制強化措置以前の水準に増加している」とし、「不買運動が下火になった影響が大きい」と話したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「だから日本に笑われる」「結局はこうなるのか。昔と違って今は韓国車も十分品質が良いのに」「日本車以外にも品質の良い車はたくさんあるのになぜわざわざ日本車を選ぶの?」など、不買運動の弱化に落胆する声が上がっている。

また、「私は今でも、日本車が信号無視や路上駐車をしたら通報している」「不買運動は最後まで続ける。もう一度気合を入れなおそう」と不買運動の継続を呼びかける声も。

一方で「日本車は韓国車より良い。これは事実だから」「良いものは買う。それだけのこと」などと納得する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

今や中国人がこぞって日本車を購入!?=「修理にお金をかけられないから日本車を買う」「わが国の指導者も日本車に乗っている」―中国ネット

8日、中国の掲示板サイトに「中国の庶民がこぞって日本車を購入しているぞ」と題するスレッドが立った。11月の日本車販売台数が増加したことに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の自動車販売会。

Record China
2015年12月10日 8時32分
続きを読む

ランキング