長征ロケットが衛星13基を同時打ち上げ、ただし米国の記録には遠く及ばず

Record China    2020年11月7日(土) 6時20分

拡大

太原衛星発射センターで打ち上げられた長征6号ロケットが、衛星13基の軌道への投入に成功した。

中国中央電視台(中国中央テレビ)は6日、太原衛星発射センターで北京時間同日午前11時19分(日本時間同午後0時19分)に打ち上げられた長征6号ロケットが、衛星13基の軌道への投入に成功したと伝えた。

長征6号はまず、アルゼンチン企業から委託されたNewSat9-18(ニューサット9-18)の軌道への投入に成功した。NewSat9-18は重量41キログラムの衛星10基から成る。いずれも、宇宙空間から地表面の利用状況などを観測するリモートセンシング用の衛星だ。

長征6号はさらに、衛星「電子科技大学号」と「北航空事衛星1号」、「八一03号」の軌道投入にも投入した。「電子科技大学号」はスマート・シティー建設や農林業の災害状況観測、「北航空事衛星1号」は通信技術の実験に用いられる。「八一03号」は青少年の科学教育に利用するための衛星で、日本の中学校から高等学校に相当する課程をもつ太源市進山中学の生徒も、衛星づくりに参加したという。

長征6号の初の打ち上げは2015年9月で、今回を含めて過去4回の打ち上げにすべて成功している。

衛星打ち上げについては、費用削減のための様々な方法が試みられている。複数の衛星を同時に打ち上げるのも、その一つ。米国のスペースX社が開発したロケット「ファルコン9」は2018年12月に、小型衛星64基の軌道投入に成功している。「ファルコン9」はそれ以降も衛星60基の軌道投入に繰り返し成功している。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携