Record China

ヘッドライン:

韓国ガールズグループのメンバーが赤ちゃんパンダを素手で触る=中国ネット「国宝を返せ」と厳しい声

配信日時:2020年11月6日(金) 21時20分
拡大
韓国の動物園で芸能人がパンダの赤ちゃんに素手で触るなどしている映像が物議を醸した問題で、中国野生動物保護協会が当該動物園に抗議した。

韓国の動物園でガールズグループのメンバーがパンダの赤ちゃんに素手で触るなどしている映像が物議を醸した問題で、中国野生動物保護協会(CWCA)が当該動物園に「専門の職員でない人物にパンダの赤ちゃんを触らせないように」と求める書簡を送付した。四川日報が5日付で報じた。

問題となった映像はバラエティー番組の一幕で、韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)のメンバーが生後約100日の赤ちゃんパンダに素手で触れたり、メークしたまま触れたり、マスクをせずに至近距離で接したりしている様子が映っている。赤ちゃんパンダは、四川省から韓国に貸与されたパンダが今年現地で産んだ。

報道によると、中国では数年前から、飼育員や関係者以外が商業目的で接触することは禁止されている。また、パンダに接触する飼育員はメークや自宅でペットを飼育することも禁止されているという。

CWCAの書簡では、こうした行為はパンダ保護に反していると指摘し、同様の行為をすぐに止めること、当該映像の放送を停止することや、管理強化と再発防止の徹底を求めているという。中国のネット上では「韓国側の明らかな違反だ」「われわれの国宝を返せ」など、厳しい批判の声が殺到している。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング