Record China

ヘッドライン:

日本の野心は死なず! 17機のオスプレイで中国に対抗―中国メディア

配信日時:2020年11月5日(木) 22時20分
拡大
4日、中国メディアの環球網は、「日本の野心は死なず、17機のオスプレイで中国に対抗」と題する記事を掲載した。写真は陸上自衛隊フェイスブックより。

2020年11月4日、中国メディアの環球網は、「日本の野心は死なず、17機のオスプレイで中国に対抗」と題する記事を掲載した。

記事は、陸上自衛隊が千葉県の木更津駐屯地に暫定配備しているV-22輸送機2機が6日に飛行を開始するとした上で、日本の防衛省が今後同機を17機まで増やして南西諸島に運用し、海洋活動を活発化させている中国に対抗することを考えていると伝えた。

そして「敗戦国の日本は軍事発展の制約を受け続ける一方、米国のすねをかじり続けてきた。米国の支援の下で経済を急速に発展させたほか、自国の領土上に米軍基地を建設することを許し、両国の軍事的な強いつながりを実現した」とした上で、米国の傘に入る中で制約を受けながらも特に海上軍備を密やかに強化し続けており、現在では7隻の準空母を持ち、しばしば他国との合同軍事演習に参加していると主張した。

また、先日は護衛艦「かが」を中心とする訓練部隊がベトナム政府の許可を得て同国の軍港であるカムランに寄港し、その後日本政府がベトナムとの軍事協力を強化することを対外的に発表するなど、東南アジア諸国との軍事的な協力強化も進めていると解説。これまでロシアから多くの兵器を輸入してきたベトナムがここ数年で米国やその同盟国と緊密に協力するようになっており、兵器の輸出で自らの国際的な影響力を高めようとしている日本にとっては非常に良い状況にあるとした。

記事は、ある軍事専門家の話として「近年、米国はアジア太平洋地域で自らの勢力づくりを企図し続けており、日本はその忠実な追従者。日本の行動に、各国は警戒を強めるべきだ」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング