Record China

ヘッドライン:

ソーセージをかじって開けたら中から生きたウジ虫! メーカー「食べてはいないから」と賠償渋る―中国

配信日時:2020年11月4日(水) 20時40分
拡大
食品の衛生問題がたびたび問題になる中国で、スーパーで購入したソーセージから生きたウジ虫が出てくる騒動があった。資料写真。

食品の衛生問題がたびたび問題になる中国で、スーパーで購入したソーセージから生きたウジ虫が出てくる騒動があった。頭条新聞などが伝えた。

報道によると、広東省恵州市恵東県に住む林(リン)さんは今月1日夜、スーパーで中国食肉大手の「双匯」のソーセージを購入。外包をかみちぎって開けた際に異常に柔らかかったため確認したところ、ソーセージに生きたウジ虫が十数匹も這い回っているのを発見した。林さんは翌2日に発熱し、3日午前2時ごろに病院を受診したという。

その後、メーカーに連絡したところ、従業員が問題の商品の写真を撮影しに林さんのもとを訪れた。従業員は賠償金として50元(約780円)を支払うと提案したが、林さんは「病院の診察料だけでも50元では足りない」と拒否。すると従業員は「最大でも100元(約1560円)までしか出せない」と話したという。

現地メディアの取材に応じたメーカーの担当者は「われわれにも原因がわかっていない。彼(林さん)は包装を開けただけで食べてはいない。出荷時には問題はなかったはず。おそらく輸送のどこかの過程で破損したのだろう。空気に触れないと変質はしない」と説明。林さんが2000元(3万1000円)の賠償を求めていることについて「弊社の規定を超えるものだ。賠償額は商品価格の10倍程度までと決められている。彼が購入した商品は5~6元(80~90円)のものだ」と語った。

騒動を受け、中国のネットユーザーからは「メーカーの担当者に食べさせよ」「ウジ虫よりもこのメーカーの対応に吐き気がする」「食べちゃったら証拠もなくなるじゃないか」など、「包装を開けただけで食べてはいない」ことを理由に賠償を渋るメーカーへの批判の声が殺到した。一方で、「メーカーの問題だとどうやって証明するのか。輸送や販売の過程に問題はなかったのか」「なぜ直接メーカーに連絡して、販売店の責任を排除したのか」「販売した店にも一定の責任があると思う。こういう問題はだいたい包装が破損して起こる」など、メーカー側の主張をくみ取るコメントも散見された。

なお、林さんは現在、消費者ホットラインに相談しているという。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本製には必ずあるものが中国製にはない!=「ソーセージを見るたびに情けなくなります」―中国人学生

2015年の春節連休期間中には、中国人観光客の「爆買い」が連日メディアをにぎわした。品質が良いことで中国人観光客に大人気のメイド・イン・ジャパンだが、大連交通大学の杜紹春さんはソーセージからメイド・イン・ジャパンの良さを感じたようだ。資料写真。

日本僑報社
2015年3月22日 7時30分
続きを読む

ランキング