Record China

ヘッドライン:

中国がネパールの領土を占拠?中国外交部報道官が記者と「交戦」―仏メディア

配信日時:2020年11月4日(水) 13時20分
拡大
仏RFIの中国語版サイトは3日、中国がネパールの土地を占拠したとの報道をめぐり、中国外交部の報道官と質問した英紙デイリー・テレグラフの記者が「交戦」したと報じた。資料写真。

仏RFIの中国語版サイトは3日、中国がネパールの土地を占拠したとの報道をめぐり、中国外交部の報道官と質問した英紙デイリー・テレグラフの記者が「交戦」したと報じた。

記事によると、デイリー・テレグラフは「五つの国境地区で中国がネパールの領土(計150ヘクタール余り)を占拠しているとネパール当局者が非難した」と報道。中国外交部の3日の定例記者会見で同紙記者からこの件に対する外交部の論評を求められた汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官は「あなたが言っているのはデイリー・テレグラフの報道か」と尋ねた上で、「私が言いたいのは関係する報道は完全にありもしないこと、まったくのでたらめだということだ」と応じた。

また、「なぜ『でたらめ』と言うのか。証拠を示してもらえないか」と投げ掛けた記者に「このような報道は何をよりどころとしているのか、関係する報道の起草者がまずはっきりと語るべきだ」と答え、「われわれに根拠はある。関係するネパールの政治家に質問した。この件へのコメントをいただきたい」との回答には「このような報道をする前に責任ある確認作業をすることを提案する。私が言えるのは報道は完全にでたらめだということだ」と発言。「ネパールにある中国大使館に問い合わせたがまだ回答は得られていない。ここで外交部のコメントを」という求めにも、「私はここで一つの確かな答えを提供できる。それは、関係する報道にはいかなる事実、根拠もなく、まったくのでたらめだということだ」と述べた。

記事によると、ネパールの野党国会議員は先月、「中国人が国境に侵入し、勝手に標識を設置した。現地の穀物運搬車が妨害に遭い、耕作に向かうネパール人も中国人に追い払われた」と非難したが、ネパール政府はこうした指摘を否定したという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング