韓国の棋士、マウスのクリックミスで中国の棋士に敗北=韓国囲碁ファンの怒りは韓国棋院に―中国メディア

Record China    2020年11月3日(火) 17時30分

拡大

中国のスポーツメディアの網易体育は3日、韓国の棋士がマウスのクリックミスにより中国の棋士に敗北したことを受け、韓国の囲碁ファンの怒りの矛先は韓国の囲碁の組織である韓国棋院に向けられていると報じた。

中国のスポーツメディアの網易体育は3日、韓国の棋士がマウスのクリックミスにより中国の棋士に敗北したことを受け、韓国の囲碁ファンの怒りの矛先は韓国の囲碁の組織である韓国棋院に向けられていると報じた。

記事によると、2日にオンラインで行われた囲碁の国際棋戦、三星火災杯世界囲碁マスターズ決勝第1局で、韓国の申眞諝(シン・ジンソ)九段は、致命的なマウスのクリックミスにより中国の柯潔(カー・ジエ)九段に敗れた。

記事は、「韓国の囲碁ファンの怒りの矛先は韓国棋院に向けられている」と指摘。「韓国棋院が申九段のために用意したテーブルの狭さがマウスのクリックミスにつながった」「申九段が対局で使用したノートPCが韓国棋院が用意したものなら、責任は韓国棋院にある。もっと大きなモニターのものを用意すべきだった。韓国棋院はもっと良いモニターを購入する金もないのか」などと韓国棋院への批判が寄せられていると伝えた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携