Record China

ヘッドライン:

李明博氏も…韓国大統領府の「呪い」はなぜ解けないのか―中国メディア

配信日時:2020年11月4日(水) 0時0分
拡大
2日、中国経営報は、韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が実刑判決を受けて収監されたことについて、「韓国の大統領はなぜ『最も危険な職業』になったのか」と題した評論記事を掲載した。写真は韓国大統領府。

2020年11月2日、中国経営報は、韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が実刑判決を受けて収監されたことについて、「韓国の大統領はなぜ『最も危険な職業』になったのか」と題した評論記事を掲載した。

記事は、78歳の李元大統領が2日にソウル東部の拘置所に収監され、先日言い渡された懲役17年の刑に服することになったと紹介。一度は「安全着陸」に成功して大統領を退任した李氏が結局実刑判決を受けたことで、「韓国大統領の末路は悲惨」という「青瓦台(韓国大統領府)の呪い」が改めて証明される形になったと伝えた。

その上で、「青瓦台の呪い」が解けない理由として、大統領の権力が異常に集中しており、これを抑える手段が不足していること、大統領の任期が1期5年間であるためにその都度政界の情勢が不安定になること、強い力を持つ財閥と政治の癒着による腐敗、政治的な報復のスパイラルが途切れないことの4点を挙げ、権力構造改革を断行する必要があると論じた。

記事は、現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから3年余りが経過したものの、「青瓦台の呪い」の根源はなおも断ち切れていないと指摘。文大統領が国家や野党の反対を顧みずに一部閣僚の任命を強行したことは大統領の権力集中による傲慢の表れだとしたほか、検察改革や財閥改革は思うように進んでいないとした。さらに、李氏の実刑判決は、李氏が文大統領の盟友だった盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を自殺に追いやったことに対する報復だとの見方を示した上で、「文大統領も、政治的な報復のスパイラルから抜け出せていない」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング