Record China

ヘッドライン:

韓国・仁川に出現したエビタワー、「税金の無駄」「独特でいい」と賛否両論

配信日時:2020年11月5日(木) 9時20分
拡大
31日、韓国・聯合ニュースによると、首都圏の観光地として知られる仁川・蘇莱浦口近くにエビの形をした展望台が建設中だが、「斬新な見どころ」「税金の無駄遣い」という賛否両論を呼んでいる。

2020年10月31日、韓国・聯合ニュースによると、首都圏の観光地として知られる仁川(インチョン)・蘇莱浦口(ソレポグ)近くに建設されているエビの形をした展望台が賛否両論を呼んでいる。

記事によると、今年5月に着工した展望台は、高さ217メートル、幅8.4メートルの大きなエビの形をしている。ひげや足もあり、通称「エビタワー」と呼ばれている。来月初旬にも完成する予定。仁川市南洞(ナムドン)区はこの事業に10億ウォン(約9200万円)を投じており、タワー周辺にカフェ、散策路、休憩施設などを備える公園も造成中だという。

しかし記事によると、タワーの独特なデザインは公表されて以来、「斬新だ」「エビを食べに行って(蘇莱浦口は活エビで有名)、写真を撮ろう」「ひげまであって、気味が悪い」「税金を浪費している」など賛否の論争となっており、一部の地元住民は「事前の意見収集もなく、一方的に決まった」と反発している。

記事は「エビタワーがランドマークとなるか、厄介者となるか、評価はしばらく続く見通しだ」と伝えている。

この記事にネットユーザーから寄せられたコメントも、賛否両論となっている。反対派は「ダサい」「国民の血税を無駄遣いするな」「これが芸術作品だとでも?。みっともない」「この国の公務員は美的感覚がないな」との声を寄せている。賛成派は「悪くないよ(笑)。エビせんみたい」「結構いいと思うけどな」「一度行ってみたい」「独特でいいよね」「いいじゃん!フォトスポットになるよ」などの声を寄せている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング