Record China

ヘッドライン:

なぜ?韓国の女性が「中国で暮らしたい」とラブコール―中国メディア

配信日時:2020年11月4日(水) 22時40分
拡大
中国メディアの中国経済週刊は2日、野菜の値段が中国の約10倍もする韓国から「中国で暮らしたい」「中国で買った野菜を韓国に送りたい」との声が届いたことを報じた。写真はハクサイ。

中国メディアの中国経済週刊は2日、野菜の値段が中国の約10倍もする韓国から「中国で暮らしたい」「中国で買った野菜を韓国に送りたい」との声が届いたことを報じた。

記事によると、毎年10月末から11月にかけて韓国の各家庭はキムチ作りの準備であわただしくなるが、今年は長く続いた梅雨や台風の影響で材料となるハクサイの生産量が減り、価格は高騰。こうした中、中国の「ダブル11」(毎年11月11日に行われる中国のネット通販セール)で野菜も安くなると聞いた韓国のある女性は野菜購入について検索し、韓国の野菜が中国の値段の約10倍もすることを知って「中国で暮らしたい」と連呼。「韓国で大きいハクサイは1株1万ウォン(約920円)以上する」そうで、「中国で買った野菜を韓国に送りたい」とも考えているとのことだ。

韓国ではハクサイをはじめとする材料の不足から多くのキムチ工場が操業停止を余儀なくされており、商品として売られるキムチにも深刻な需給バランスの崩れが発生。市場のこうした状況は12月まで続くとみられ、韓国の一部業者は中国からのキムチ輸入量を拡大させている。今年1~8月は中国から計17万7000トンを輸入し、現在は輸入キムチの9割以上を中国が占めているという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング