文大統領が「韓国経済は来年から正常に」と自信示す=ネットには不安の声「いつも反対の結果に…」

Record China    2020年11月4日(水) 14時40分

拡大

2日、韓国・ニュース1によると、文在寅大統領が「防疫の成功を維持し経済回復の傾向が続けば、韓国経済は来年上半期から新型コロナウイルスの衝撃を挽回し、正常軌道に戻れる」との考えを示した。写真はソウル。

2020年11月2日、韓国・ニュース1によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「防疫の成功を維持し、10~12月期も経済回復の傾向が続けば、韓国経済は来年上半期から新型コロナウイルスの衝撃を挽回し、正常軌道に戻れる」との考えを示した。

記事によると、文大統領は、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で最近発表された経済指標に言及し、「韓国経済がこれまでの苦難を乗り越え、急速に回復していることが分かる」「政府は国民とともに(韓国を)防疫模範国に続き、経済模範国にしていく」と述べた。

また「コロナの再拡大でドイツやフランスをはじめ各国が再びロックダウン措置を取るなど、世界経済の不確実性は高く、依然として安心できない状況だ」「国内でも消費意欲向上に努力しているが、集団感染が続き気を緩めることのできない状況だ」とも述べた。今後については「コロナの長期化に備え、コロナと共存する時代に合った持続可能な防疫に力を入れ、経済活力を高めることに一層力を集結させる必要がある」と呼び掛けたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「毎年、『来年は良くなる』と言ってるじゃないか(笑)」「国民がその言葉を信じると思っているのか?」「口ばかりじゃなく、結果を示してほしい」「大変だ。文大統領が自信を持つことは、いつも反対の結果になってたぞ」「経済が回復する前に、税金で全部持っていかれそう」など厳しい声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携