韓国の2つの学校で100人超の集団食中毒、キムチが原因か―韓国メディア

Record China    2014年3月14日(金) 21時42分

拡大

14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国京畿道高陽市日山西区のある高校で11日、100人余りの学生が食中毒の症状を訴えた。写真はキムチ。

(1 / 2 枚)

2014年3月14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国京畿道高陽市日山西区のある高校で11日、100人余りの学生が食中毒の症状を訴えた。環球網が伝えた。

その他の写真

日山西区の衛生局によると、11日に学校で昼食を食べた全校生徒1660人のうち、140人に下痢やおう吐などの症状が現れた。そのうち6人は症状が重いという。また、食中毒とみられる症状が現れたのは、特定の学年やクラスではなかったという。

12日には、ソウル市内の中学校でも同様の症状を訴える学生が多数いた。調査の結果、この2校の学生は同一メーカーのキムチを食べていたことがわかったという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携