Record China

ヘッドライン:

FCソウルのキム・ナムチュン選手が自殺か、中国で「韓国スポーツ界ではうつ病が常態」の声

配信日時:2020年11月1日(日) 16時30分
拡大
韓国プロサッカー、FCソウルのキム・ナムチュン選手が遺体で発見された。中国では「韓国スポーツ界ではうつ病が常態化」といった声が出ている。写真はFCソウル本拠地のソウルワールドカップ競技場。

韓国プロサッカー、Kリーグ1部FCソウルのキム・ナムチュン選手(31歳)が遺体で発見され、自殺の可能性が高いとされていることを受け、中国では「韓国スポーツ界ではうつ病が常態化」といった声が出ている。

キム選手は30日午前8時20分ごろ、ソウル市内の駐車場で発見された。すでに死亡していたという。現地警察が犯罪に巻き込まれた可能性はないとの見方を示したことで、同選手は自殺したとみられている。キム選手は前日午前の練習に参加しており、変わった様子はなかったという。

キム選手は2013年にFCソウル入りし、2017-18年に兵役に就いた以外は、FCソウルで活躍した。30歳を過ぎたが今後も活躍が期待できるとして、FCソウルは今季シーズン開幕前にキム選手と3年間の契約更新をした。

韓国スポーツ界では7月に女子プロバスケットボールのゴ・ユミン選手が自殺した。6月には女子トライアスロンの元韓国代表チェ・スクヒョン選手が自殺した。チェ選手の場合に監督やスタッフ、先輩選手らから過度なパワハラやいじめを受け、関係者や警察に訴えても取り合ってもらえなかったことが自ら命を絶ったことに結びついたとみられている。

中国では、韓国のスポーツ界、特に女子選手の場合にはうつ状態になる場合が多いとみられている。ただし、キム・ナムチュン選手の場合には、自殺に結びつくような状況は見られないとして、関係者は驚きを隠せないでいる。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング