日本が自国主導の次期戦闘機を2035年に配備へ=韓国ネットは失笑?「そのころ韓国には…」

Record China    2020年10月30日(金) 19時20分

拡大

30日、韓国・ニューシスは日本メディアの報道を引用し、「日本政府が三菱重工業と開発生産契約を締結した次期主力ステルス戦闘機を2035年度から全面配備する計画だ」と伝えた。 資料写真。

2020年10月30日、韓国・ニューシスは日本メディアの報道を引用し、「日本政府が三菱重工業と開発生産契約を締結した次期主力ステルス戦闘機を2035年度から全面配備する計画だ」と伝えた。

岸信夫防衛相は同日の記者会見で「三菱重工業を次期戦闘機の開発生産主体として正式に契約を結んだ」と発表した。次期戦闘機は航空自衛隊のF-2の後継機として、2035年に実戦配備する方針という。

現在のF-2は1980年代に日本と米国が共同開発した戦闘機で、機体の組み立てを三菱重工業が担当し、エンジンはゼネラル・エレクトリック(GE)製が使われた。F-2は2030年代に退役が始まるとみられている。

記事は「航空自衛隊が運営する戦闘機のうちF-15とF-35は米国製で日本は開発に関与しなかったため、これまでF-2後継機の開発にも日本企業が参加しない場合、戦闘機の生産技術を伝承できないという懸念が高まっていた」とし、「日本政府は次期戦闘機を自国主導で開発し、国内の防衛産業を維持したい考えだ」と説明している。

これに韓国のネットユーザーからは「米国が助けてやるのだろう。最終的に1台当たりの価格がとても高くなりそう」「間違いなく世界で一番高い戦闘機になる」と予想する声が上がっている。

また、「2035年って…(笑)。韓国ではきっと無人人工知能ステルス戦闘機が登場している」「そのころ韓国ではKFX-2ができているよ」「完成させてからニュースにして」「おそらく多額を費やして失敗に終わる」「コメディ作品がまた1つ出来上がるのでは?」と皮肉交じりの声も。

一方で「「韓国もそろそろステルスを開発しよう」「日本の技術力がうらやましい」「韓国もステルス戦闘機を造ろう。国防がしっかりしていないと明るい未来はない」「韓国はまずKFXの開発・配備を確実に成功させ、それを基にKFX+ステルス機を開発しなければならない」などと主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携