Record China

ヘッドライン:

PM2.5の「深刻汚染日」、北京で2年連続でゼロに―中国メディア

配信日時:2020年10月31日(土) 20時20分
拡大
北京の大気質の改善が続き、青空の広がる日がますます多くなった。
(1/3枚)

第13次五カ年計画期間(2016−20年)、北京の大気質の改善が続き、青空の広がる日がますます多くなった。同期間の北京の大気汚染対策に向けた努力は世界からも認められた。国連環境計画(UNEP)は北京市の大気汚染対策について、注目すべき成果と効果を手にしたとして高く評価し、世界のその他の都市、特に発展途上国の都市に参考価値のある経験を提供したと判断した。北京晩報が伝えた。

その他の写真

市全域の昨年の微小粒子状物質(PM2.5)の年平均濃度は1立方メートルあたり42マイクログラムで、初めて「40台」になり、第12次五カ年計画期間末(2015年)より47.9%低下した。昨年の通年の「優良日」は計240日で、2015年より54日増え、全体の65.8%を占めた。大気「重度汚染日」は4日で、2015年より42日減り、2年連続でPM2.5「深刻汚染日」が発生しなかった。北京の大気質は「優が増え劣が減る」という特徴が際立っており、青空の広がる日が大幅に増え、北京の青空が「貴重品」だという感覚はもうなくなってきている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

J1得点王のジョー「日本は最も住みやすい国、中国はスモッグや排ガスが悪かった」=中国ネットもほぼ納得「ごもっとも」「反論できない」

5日、サッカーのJ1で今シーズンの得点王に輝いた名古屋グランパスのブラジル人FWジョーのある発言が、中国版ツイッターのウェイボーで話題になっている。写真は深刻な大気汚染に見舞われた日の南京市内。同市は江蘇蘇寧のホームタウン。

Record China
2018年12月5日 10時50分
続きを読む

ランキング