Record China

ヘッドライン:

疑惑広がるSTAP細胞、「一種の宣伝か?」「共著者の論文撤回の姿勢に感服」―中国版ツイッター

配信日時:2014年3月12日(水) 12時23分
拡大
12日、論文の記述や写真に関して疑惑が広がっているSTAP細胞。STAP細胞に関しては当初から中国でも注目度が高く、中国版ツイッターでは関連のコメントが数多く寄せられている。写真は日本メディアの報道画像。
(1/2枚)

2014年3月12日、新たな万能細胞であるSTAP細胞の作製に成功し、一躍注目の的となった理化学研究所と、同研究所の研究員でSTAP細胞の研究チームリーダーを務めた小保方晴子氏。ところが、論文に関して、記述や写真に疑問を投げかける声が相次ぎ、調査が進められている。さらに、共著者の1人が論文の撤回を呼びかけ、同共著者に対し小保方氏から謝罪のメールが届いたとの報道もある。STAP細胞に関しては当初から中国でも注目度が高く、中国版ツイッターでは関連のコメントが数多く寄せられている。

その他の写真

「英科学誌ネイチャーが論文を取り下げた場合、同案件は大事に発展するだろうな」

「新世代の女神だったのに」

「同研究がねつ造である可能性は高いと見た。日本の学会は責任を取る羽目になるだろうな」

「時として研究には間違いや偽物が混じることがあるが、事実はすぐに公にされることだろう」

「問題はなんだ?論文のねつ造か?それともほかの問題か?」

「研究発表当時、完璧なデータに驚嘆し、感動したのに」

「ねつ造ではない意見に賛成だ」

「画期的な発見であればあるほど、慎重に進めるべきだろう。欧米では重大な発見があった際、実験に実験を重ねたのちに発表する。この点は見習うべきだ。STAP細胞に関する発表がねつ造されたものとは思わない。おそらく研究の過程で見落としがあったのだろう。だが、STAP細胞を作製できるのが1人だけでは、信ぴょう性を疑われても仕方のないことだ」

「論文の撤回を呼びかける共著者の慎重な姿勢には感服する。植物学において、日本の関連書物が最も権威がある。政治はともかく、科学分野において日本は中国が見習うべき存在だ」

「当初から宣伝色は強かったが、ねつ造という意見はあまりにも強引だ。科学者が苦労して生み出したものを大事にしないわけがない」

「私は直感的に小保方氏が信頼できる女性だと感じている」

「何かの誤解であると信じたい。本当にねつ造なら、論文を掲載した雑誌にも責任が発生するだろう」

「過ちを犯し、その後に謝罪。これが最も注目を集める手段だろうな。科学界もエンタメ業界と同じ手法を取るようになったのか?」

以上のように、研究成果に疑問を持つ声も見られたが、多くはねつ造と判断するには時期尚早で、論文を信じるとの声が大半だった。(翻訳・編集/内山

関連記事

STAP細胞めぐり「ネイチャー」も調査に乗り出す=「初めから疑わしかった」「小保方さんを信じよう」―中国版ツイッター

20日、日本の理化学研究所(理研)などの研究チームが発表したSTAP細胞に関する論文について、画像データに不自然な点があると指摘されていることが、中国のネット上でも話題となっている。写真はSTAP細胞作製の成功を伝える番組。

Record China
2014年2月20日 12時25分
続きを読む

常識を覆す新たな万能細胞、「世界を変える日本女性」「素晴らしい、“大日本”!」―中国版ツイッター

31日、常識を覆す世界初の万能細胞として多くのメディアが報じている「STAP細胞」。素晴らしい研究成果が評価される一方で、研究ユニットの小保方晴子リーダーにも関心が集まっている。写真は日本メディアの報道画像。

Record China
2014年1月31日 12時7分
続きを読む

日本の研究者が新たな「万能細胞」の開発に成功=「偉大な発見!」「努力が実を結んだ」―中国版ツイッター

29日、神戸市理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダーらのグループが、新たな「万能細胞」を作り出すことに成功したことが、中国でも注目を集めている。写真は小保方氏の出身校米ハーバード大学。

Record China
2014年1月30日 16時21分
続きを読む

早大の中国人留学生に対する学位取り消しに異議=神田外語大教授「著しく不公平な決定」―日本

23日、早稲田大学が、中国籍の晏英氏が提出した論文から盗用が発見されたとして、同氏に授与した博士学位を取り消すと発表した問題で、神田外語大学・アジア言語学科の小菅伸彦教授は、「早稲田大学の決定は不当なものである」と主張している。写真は早稲田大学。

Record China
2013年10月23日 14時57分
続きを読む

ランキング