Record China

ヘッドライン:

<サッカー>中国の救世主にはなれず! 世界的名将が引退=中国ネット「誰が来ても無理」「ここは名将の墓場」

配信日時:2020年10月26日(月) 13時40分
拡大
サッカーの世界的な名将で、中国でも指揮を執ったイタリア人監督マルチェロ・リッピ氏が22日、監督業引退を発表した。中国のサッカーファンからは自国代表に対する痛烈な批判や皮肉が寄せられた。

サッカーの世界的な名将で、中国でも指揮を執ったイタリア人監督マルチェロ・リッピ氏(72)が22日、出演した母国のラジオ番組で監督業引退を発表した。これを受け、中国メディアの中新体育は23日付で「彼はワールドカップ(W杯)、欧州チャンピオンズリーグ(CL)を手中に収めたが、それでも中国サッカーの救世主にはなれなかった」と題する記事を掲載した。

リッピ氏は1982年に指導者としてのキャリアを歩み始めた。94年に名門ユベントスを率いてリーグ優勝を果たすと、翌年には世界最高峰と言われる欧州CLを制した。また、2004年にはイタリア代表の監督に就任。06年のW杯ドイツ大会で母国を24年ぶりの優勝に導いた。12年からは中国スーパーリーグの広州恒大の監督を務め、リーグ優勝の他、13年のAFCチャンピオンズリーグも制した。16年から中国代表の監督に就任。19年1月に退任を発表したが、4カ月後に復帰。しかし、同年11月に再び退任を発表した。

記事は、監督としてのキャリアの最後に中国代表を率いたことから、一部のサポーターからは「中国代表が名将を引退に追いやった」との自嘲気味の声が聞かれたと伝えている。

実際、リッピ氏は広州恒大では輝かしい成績を残したものの、中国代表では苦しんだ印象がある。最初の退任のきっかけとなったとされる19年1月のアジアカップ対イラン戦では、チームが同じようなミスから3失点を喫したことについて「こんな負け方をするとは思わなかった」「非常に怒りを感じた。(選手に)責任感や誇りはまったく感じられなかった」などと切り捨てた。また、同年4月には母国のインタビューに対し「彼らにはサッカーの伝統というものがない。みんな卓球をやっている」とも漏らした。

記事は、リッピ氏のラストマッチとなった19年11月14日のFIFAワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦(1-2)で、ミスが絡んだ失点とオウンゴールで破れたことが「リッピ氏が中国代表を率いた期間の縮図である」とし、「選手自身の問題は一貫して存在していた」と指摘。ただ、監督としてチームを勝利に導けなかったのも事実だとし、「いずれにしても、この結果に彼は一定の責任を負わなければならないだろう」とした。

中国のサッカーファンからは、「もう十分に力を尽くしてくれたよ」「中国代表は名将の墓場」「ポイントは、誰が来ても救世主にはなれないってこと」「彼の人生で最大の失敗は中国代表監督になったこと」「中国代表はある意味で伝説」「リッピはすでに証明してくれた。中国サッカーの問題点は監督ではなく、体制にあるということをね。中国人はサッカーに向いていない。身体能力は劣り、皆で力を合わせる能力も低い」など、中国代表で結果を残せなかったのはリッピ氏の責任ではないとの声が多数寄せられた。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>中国は日本に学べない、なぜなら「民族性」がまるで違うから―中国メディア

中国のスポーツメディア・網易体育は29日、サッカーのアジアカップで中国が0—3で敗れたイランを相手に、日本が3—0で勝利したことについて「中国サッカーは日本に学ぶことはできない」と題するコラム記事を掲載した。写真は中国VSイラン。

Record China
2019年1月30日 21時50分
続きを読む

ランキング