リー・シエン主演「赤狐書生」12月公開、「シンデレラは片想い」女優ヤン・ズーも出演か

Record China    2020年10月25日(日) 12時0分

拡大

リー・シエンとチェン・リーノンが主演のファンタジー映画「赤狐書生」が、今年12月4日から公開されることが明らかになった。女優ヤン・ズーも特別出演しているようだと報じられている。

リー・シエン(李現)とチェン・リーノン(陳立農)が主演のファンタジー映画「赤狐書生」が、今年12月4日から公開されることが明らかになった。女優ヤン・ズー(楊紫)も特別出演しているようだと報じられている。

近年人気の“バディもの”の最新作として注目される「赤狐書生」は、昨年大ヒットしたドラマ「Go!Go!シンデレラは片想い」の俳優リー・シエンと、オーディション番組から誕生したNINE PERCENTの一員としてデビューした台湾出身のチェン・リーノンの主演作。科挙のため都へ向かう貧しい書生と、その人丹を奪って狐仙へと昇格することをたくらむ狐の妖怪が、旅を続けるうちに親友となり、数々の危機をかいくぐる冒険物語となっている。

同作は当初11月公開予定だったが、このほど12月4日の封切りが明らかになり、新たなポスタービジュアルと約1分半のトレイラー映像が公開された。

なお、最新のポスタービジュアルでは、特別出演に女優ヤン・ズーの名前があることがSNSで話題になっている。「Go!Go!シンデレラは片想い」ではリー・シエンとヤン・ズーがカップルを演じているが、2人は演劇専門大学の同級生で、私的にも仲が良いことで知られる。「Go!Go!」では主演カップルに魅せられたCPファンも多く、そのためSNSでは、「2人はアフターサービスが最高」といった声も上がっている。

「赤狐書生」はチェン・リーノンが書生の王子進を、リー・シエンが狐の白十三を演じる。今回、映画初出演となったチェン・リーノンは、撮影の2カ月前からリー・シエンと共にアクションシーンなどの訓練をスタート。リー・シエンからも指導や助言を受け、本当の兄貴分のように親しい間柄になったことを語っている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携