Record China

ヘッドライン:

中国に負け焦り? 日本がインドネシアに500億円の円借款も、日本国民は不満―中国メディア

配信日時:2020年10月23日(金) 18時20分
拡大
22日、新浪財経は、菅義偉首相がインドネシアに500億円の円借款供与を表明したことについて、日本の世論から不満の声が出ていると報じた。

2020年10月22日、新浪財経は、菅義偉首相がインドネシアに500億円の円借款供与を表明したことについて、日本の世論から不満の声が出ていると報じた。

記事は、菅首相が20日に、インドネシアで同国のジョコ大統領と会談し、会談後の記者発表会で新型コロナウイルスによって受けた大きな経済的打撃を踏まえ、500億円の円借款を供与することを表明したと伝えた。

そして、このニュースに対し多くの日本のネットユーザーが「安倍晋三前首相の外交の欠点を継承している。新型コロナに苦しむ日本国民に財政支援を提供せず外国に資金を提供するとは、まさに『バラマキ外交』だ」といった不満を示したと紹介している。

また、新型コロナの感染が拡大する前の今年2月にも日本政府がインドネシアとの間で318億円の円借款供与の合意を結んでいたことを説明。その上で、「インドネシアが東南アジアで最も人口が多く、経済規模も最も大きい国であり、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中で唯一のG20メンバーであることを考慮する必要がある」とし、同国が政治、経済の両面においてアジアひいては世界に対して一定の影響力を持っているために、日本が同国に対して大盤振る舞いをして、自身のアジア地域における経済的な影響力を高めようとしているのだと解説した。

さらに、「近年東南アジア地域のインフラ整備支援プロジェクトにおいて、日本企業が中国企業と激しい競争を繰り広げ、しばしば敗れていることも、日本政府が東南アジア諸国との関係強化を積極的に進める背景にある」との見方を示している。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング