韓国でインフルワクチン接種後に死亡する人相次ぐも、文大統領「接種をさらに拡大」―中国メディア

Record China    2020年10月27日(火) 15時20分

拡大

韓国でインフルエンザワクチンの接種後に死亡する人が相次いでいるが、文在寅大統領は、さらに接種を拡大させる必要があるとしている。

韓国でインフルエンザワクチンの接種後に死亡する人が相次いでいることについて、中国メディアの毎日経済新聞は27日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、さらに接種を拡大させる必要があるとしている」と伝えた。

韓国でインフルエンザワクチン接種後に死亡した人は、26日の時点ですでに59人に上っている。シンガポールでは韓国での事態を受け、2種のインフルエンザワクチンの使用を一時停止した。一方で、韓国疾病管理庁は「ワクチンと死亡との関連性は低い」としてワクチン接種を中断しない方針だ。加えて、同日からワクチンの無料接種の年齢を「70歳以上」から「62歳以上」に引き下げ、対象をさらに拡大した。

文大統領は「今年のインフルエンザワクチンの接種は、インフルエンザと新型コロナウイルスが同時に流行することを防ぐ意味でも重要」との認識を示し、接種をさらに拡大させていく考えを示した。また、「ワクチンの安全性を過剰に心配する必要はない」とし、「より多くの国民が無料で接種できるようにしていく」と述べた。

韓国では1468万人がインフルエンザの予防接種を受けており、このうち968万人は無料で接種した。接種後に副反応が生じた例は1231あり、死亡した59人のうち54人が60歳以上の高齢者だった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携