Record China

ヘッドライン:

<コラム>驚きの検索結果ゼロ-中国TikTokで「楽天ポイントダンス」が全く知られていない理由

配信日時:2020年10月31日(土) 13時30分
拡大
中国は大連の日本語学校の中国人スタッフである20代の若い女性の先生たち。「楽天ポイントダンス」を見てもらったところ、「まあまあかな。それぞれの国でそれぞれの生活や文化があるから」とのこと。

いや、僕自身はそんなに驚いてはいない。もっとも、いささか予想外ではあったが。

何が予想外だったかというと、例のTikTokの「楽天ポイントダンス」が、中国では検索に全く引っかからない。

では、どうして予想外だったのか。「驚きの1.7億再生。TikTokで『楽天ポイントダンス』が世界的ブームになった理由…10代の心を掴む『全力』コンテンツ | Business Insider Japan」という記事を読んで、それなりに納得したからだ。

つまり上述の記事を読んで、若者というのは世界のどこにいても、「全力」コンテンツが好きなのだろう、と思った。分かりやすい話ではある。

それなら、中国の若者たちはどうだろう?やっぱり「全力」コンテンツが好きなんだろうか?

先に答えを述べてしまうと、少なくとも「楽天ポイントダンス」については、残念ながら全然である。

最初に述べたように、オリジナルの「楽天ポイントダンス」そのものが、中国ではほとんど検索に引っかからない。だから、中国の若者たちによる「楽天ポイントダンス」など、なおさらあり得ない。

「日本楽天」とか「楽天積点(楽天ポイントの中国語訳)」までであれば検索で関連サイトがなにがしか引っかかるのだが、「楽天積点dance」や「楽天ポイントダンス」となると、それらしきものが全然引っかからない。

同様に、中国では例の「お買い物パンダ」(中国名は「楽天子熊」)そのものが知られていない。

いや、パンダのゆるかわキャラクターそのものは相応に知られているのだが、楽天にとって肝心かなめの「R」の文字がない。あのキャラは中国では「お買い物パンダ」ではなく、ただの「パンダ」なのである。

しかも「楽天子熊」という中国語は、もともとはロッテ(中国語は「楽天」)の「コアラのマーチ」のマーチ君を表していたから、「楽天熊猫(楽天パンダの意味)」ではそれらしきものが全く何も出てこないばかりか、「楽天子熊」で検索すると、お菓子の「コアラのマーチ」しか出てこない。

それでも負けじと検索を続けると、中国でもやっとのことでTikTokではなくbilibili(ビリビリ、中国語「哔哩哔哩」)にアップされたオリジナルビデオにたどり着く。そして、驚いた。

驚きの——再生回数539回、いいね!4、お気に入り13、シェア14(当記事執筆時)。

コメントは一つだけで、「パンダのしっぽは白のほうがいいのでは(本物のパンダのしっぽは黒ではなく白なので)?もうちょっと調べなきゃ」とある。

これはどう見ても、「全力」への共感どころではない。

あまりに胸騒ぎがしたので、僕が所属する中国は大連の日本語学校の中国人スタッフである20代の若い先生方10人(女性9人、男性1人)に、この「楽天ポイントダンス」を見てもらって感想を聞いてみる。

選択肢:1.面白ーい! 2.まあまあ 3.普通かなー 4.ごめん特に何も… 5.つまんないし意味不明

結果は——7人が2(2人が1で1人が3)であったのだが、一人が言う。

「動画は可愛くてすごいなって思うけど、ポイント広告だから、まあまあかな。(肯定も否定もしないし)それぞれの国でそれぞれの生活(や文化)があるから、自分に合ってて自分が好きならそれでいいと思う」。

このコメントの細かいニュアンスを日本人の皆さんに正確に伝えるのは、正直かなり難しい。だが、一つはっきり言えるのは、「楽天ポイントダンス」は、中国の若い人にしてみれば、刺さるところまでは程遠い。

ちなみにだが、面白ーい!と答えた2人のスタッフのコメントもまた、興味深い。

「日本の広告って、ストーリーがあるから個人的に好きなんです。でも(インフルエンサーらによる「楽天ポイントダンス」は)ちょっとデジャヴかも。中国でも以前あったけど(つまり今はもうない)、ちょっと真似できないかなー、なんて。自分って静か目なんで」。

「元気一杯で面白いとは思いますけど、中国には確かにこの手のノリはないかも。見るのは抵抗ないし、(インフルエンサーたちの立ち居振る舞いも)問題ないとは思いますが、自分じゃこんな真似はできないです…。ていうか、ちょっと大げさかな、これ。見てすぐに、あー日本の広告ね了解、みたいな」。

おいおいお前!日本語学校の中国人スタッフ?10人?とやらのコメント?で、世論操作ができるなんて思うなよ!と言われるだろうか。

僕は逆に、中国に長期滞在している日本人の一人として、心にストンとくるコメント-自分自身が中国で見聞きしている状況と符合するコメント-を聞き、中国人と日本人は刺さり方もツボもつかみも、本当に何もかもが全く違うのだ、と改めて得心した。

同時に、上述の記事の若きインフルエンサーたちもまた、刺さったから「楽天ポイントダンス」に飛びついたというより、単なる遊び心と露出度アップのためにそうしているに過ぎず、彼らのファンであるさらに若い世代の子供たちもまた、インフルエンサーなお兄さんお姉さんがそうしているから乗っかっているだけなのではなかろうか?と思い始めている。

つまり、「分かりやすい話」であやうく「操作」させられそうになったのは、実は僕のほうではないか?と思い直している。

もっと言えば、僕らはもしかすると比較的容易に「それぞれの国でそれぞれの生活や文化がある」ことを忘れてしまいがちなのだろう。

とはいえ、「驚きの検索結果ゼロ」には、別の理由もある。

中国・捜狐の「中国TikTokインフルエンサーランキングトップは誰?そのトップ9強を列挙」という記事や、「中国で大人気!プラットフォーム別インフルエンサー15選 | まじすけ株式会社」等を参考に、そのトップ4の中国TikTokインフルエンサーの顔ぶれを見れば、その理由はおのずと明らかである。

トップ1:迪麗熱巴(Dilraba)-中国TikTokトップである女神。中国の女優。フォロワー数:5449.1 万人

トップ2:陳赫-中国の男優・歌手・テレビキャスター。フォロワー数:5269.2万人

トップ3:話せる猫の劉二豆-人生の辛酸甘苦を味わう二匹の猫(とその飼い主)の物語。フォロワー数:4638.8万人

トップ4:一禅小和尚-世界で最も萌える子供の和尚・一禅くんの人を唸らせる訓話。フォロワー数:4638.8万人

余談だが、人生の辛酸甘苦やら和尚さんの訓話やらからお分かりの通り、中国のTikTokユーザーは10代だけでも若者だけでもなく、日本で言えばLINEやTwitterに相当する微信(WeChat)とセットとなって中国国民のそれぞれの世代に相応に浸透している。

だから、トップ4に数えられるその誰もが、4500万強から5500万弱という桁外れなフォロワーを抱えている。であるのに、彼らは世界的にも日本的にもほとんど知名度がない。

ちなみに日本のTikToker第1位を誇るじゅんや/Junyaさんのフォロワー数は1580万人であり、世界のTikToker第1位のCharli D’Amelio(米国)さんのそれは8380万人、第2位のAddison Rae(米国)さんは5860万人フォロワー、第3位のZach Kingさん(米国)は4890万人である。

つまり、もし仮に本当に本当のワールドワイドな「TikTokインフルエンサーランキングトップ」を選出すれば、中国勢が何人も上位に食い込むことになる。

だがそうならないのは、こちらのお国とそちらのお国(つまり日米他)との間には、ネット上の「大きくて深い裂け目」があるからに他ならない(もっともその詳細について、僕はこれ以上書くつもりはないが)。

では、中国TikTokで「楽天ポイントダンス」が全く知られていないのは、一体なぜなのか。

それはまず、「それぞれの国でそれぞれの生活や文化がある」からだ。

加えて、ネット上の「大きくて深い裂け目」もあるから、世界人口の5分の1また日本人口の10倍の人口を抱える中国の人々のもとに届く外国からの情報には制限があり、逆もまたしかりである。

そして僕も今回、「イマドキの若い人は云々」といった日本人にとっての「分かりやすい話」だけでは、物事を正確には判断できない、と改めて思った。

上述の記事にしても、結論として「文脈に刺さりさえすれば、良いコンテンツは時と場所を超え、さらに今後はますます『広告と広告でないコンテンツ』の境目が曖昧になっていく」と結んでいるのだが、そもそも日米中では「文脈」そのものが違う。中国にいて実感せざるを得ないのだが、正直日本とは全然違う。

そして「時」はともかくとして、「大きくて深い裂け目」を前に「場所を超え」るのは、現実問題として並大抵ではない。

それ以前に、「全力」=「10代に刺さる」=「良いコンテンツ」=「広告でもOK」というのは、仮に中国を抜きにしたとしても、どの程度の普遍性なのか気になってしまう。

そう、中国TikTokで「楽天ポイントダンス」が全く知られていないのは、ネット上の「大きくて深い裂け目」からすれば、何も驚くべきことではない。

だがそれが僕にとっていささか予想外だったのは、僕が既に半分中国人のようでありながら、残り半分がやはり日本人だから、ということにあったようだ。

すなわち、日本人ならではの思い込みである。日本人にとって「分かりやすい話」を、つい鵜呑みにしてしまった。

だからこの際、いや、そこまで言ってないですー!と言われてしまうのを覚悟で、最後に書いてしまおう。再度断っておくが、中国人の彼女らのコメントの細かいニュアンスではない。少しはしょった意訳を、である。

「だって、広告でしょう?まあ好きにやっていただきたいんですが、正直げんなりですよ」。

■筆者プロフィール:大串 富史
本業はITなんでも屋なフリーライター。各種メディアでゴーストライターをするかたわら、中国・北京に8年間滞在、中国・青島に3年間滞在。中国・中国人・中国語学習・中国ビジネスの真相を日本に紹介するコラムを執筆中。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング