Record China

ヘッドライン:

女子トイレに男児用の小便器、「プライバシー侵害だ!」と物議―中国

配信日時:2020年10月25日(日) 20時40分
拡大
20日、観察者網によると、山東省淄博市内のデパートの女子トイレ内に男児用の小便器を設置していることが物議を醸している。

2020年10月20日、観察者網によると、山東省淄博市内のデパートの女子トイレ内に男児用の小便器を設置していることが物議を醸している。

デパートの担当者によると、女子トイレ内に男児の小便器を設置したのは、男の子を連れた母親の利用を考えてのこと。しかし、「女性のプライバシーを侵害し、子どもの性別意識形成にも不利である」との声も少ならず上がり、「女の子を連れたお母さんはどう思うだろうか。トイレに入ったら自分の娘と同じ年ぐらいの男の子が小便をしているところを娘に見せてしまうことになる」「男の子用の小便器が設置されているトイレには、娘を連れて入りたくない」などの意見のほか、「多目的トイレを設置すればいいのに」との意見も多数上がった。

記事は、2016年に国家観光局が「多目的トイレの建設推進の加速に関する通知」を出しており、17年には5A級以上の観光地に多目的トイレを設置するとのガイドラインが出されたものの、今のところ公共の場所すべてに多目的トイレがあるわけではないため、子ども連れの母親のために女子トイレ内に小便器を設置するケースがあると説明。深セン市小児医院や杭州市第一人民医院にも女子トイレ内に小便器が設置されていると伝えた。

記事はまた、人民網が過去に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で行ったネットアンケートでは、ネットユーザーの8割超が女子トイレに小便器を設置するのは不適切で、多目的トイレを設置すべきと考えているとの結果だったと伝えている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング