Record China

ヘッドライン:

中国最新鋭戦闘機は本物か、こけおどしか?ステルス性能向上へ改良進む―米紙

配信日時:2014年3月10日(月) 7時50分
拡大
6日、ニューヨーク・タイムズ中国語電子版は記事「中国のJ−20ステルス戦闘機のステルス性能はいかほどか?」を掲載した。先日、新たな試作機の写真が流出したが、ステルス性能を高めるための改良が施されている。
(1/2枚)

2014年3月6日、ニューヨーク・タイムズ中国語電子版は記事「中国のJ−20ステルス戦闘機のステルス性能はいかほどか?」を掲載した。

その他の写真

中国人民解放軍は新型ステルス戦闘機J−20の開発を進めている。米国のF−22、F−35、ロシアのT−50と同等の第5世代ジェット戦闘機として高いステルス能力を保持することが目標だ。だが2011年にお目見えした型番2001の試作機を見る限り、カナード翼やノズルの形状などステルス性能を考慮しているようには見えない。専門家からはそのステルス性能に疑問符が打たれている。

だが今年写真が流出した型番2011の改良型試作機は形状を微調整しステルス性能強化のための仕組みも取り入れている。塗装も一変したが、ステルス性能を高めるための電波吸収塗料が採用されている可能性もある。

まだ開発途上のJ−20。米国防総省は早くとも2018年以後の配備になると予想している。その性能が果たしてどれほどのものなのかは今後を待たなければわからない。ただ唯一明らかになったのは中国のJ−20は単なるプロパガンダの産物ではなく、実際の性能向上を目指した開発が進展しているという点だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事

日中の防空識別圏で両国航空部隊が背負い込む負担、自衛隊のほうが“よっぽど大変”―米メディア

29日、参考消息網は記事「米メディア:日中防空識別圏を比較、自衛隊は人民解放軍よりよっぽど大変」を掲載した。中国防空識別圏策定から1カ月、他の国と地域の軍用機がのべ800回弱防空識別圏に進入したという。資料写真。

Record China
2013年12月30日 19時25分
続きを読む

ランキング