マスクがお手軽ファッションに! 色とりどりの使い捨てマスクが1枚から選べる店―香港

フライメディア    2020年10月26日(月) 10時40分

拡大

この場でも今までに何度か、手作りマスクやその材料で溢れる街やマスク自動販売機など、香港のマスク事情についてお伝えをしてきた。

(1 / 4 枚)

この場でも今までに何度か、手作りマスクやその材料で溢れる街やマスク自動販売機など、香港のマスク事情についてお伝えをしてきた。

その他の写真

コロナ感染症が拡大を始めた初期の頃こそマスクは入手困難な品であったが、その後は市販のものから手作りのものまで、そして製造地までも消費者が選択をできるほど、街にはマスクが溢れかえっている。

そんな中ネイザンロードという香港を代表するストリートの一等地で香港製造マスクの路面店を見つけたので、レポートをしたい。

MTR佐敦駅の出口から程近いネイザンロード沿いで見つけた店舗。多くの人が出入りをしていた為何の店なのか覗いたところ、マスク製造会社「masklab」販売店舗である事がわかった。

香港製造のマスクは今までも多くの会社から販売されてきている。しかしどれもネット販売か小売店への委託販売という形がとられていたように思う。このように1つの会社が路面店で自社マスクの販売を行っているのは、筆者としてはお初となる。

masklab、現地のネット情報ではよく見かける名前の会社であるが今回ホームページを見てみた。2020年2月、世界中にコロナが広まり始めた頃に香港を初めとして質の悪いマスク等が溢れ、その際マスクの品質や機能を守るため、親会社の長年の製造業や不織布のノウハウを利用して発足された会社との事である。

店内へ入ってみると売られている商品は不織布マスクを使ったプリーツ型と立体型の2つ。それぞれの型には様々な色やデザインのプリントが施されている。シックなものから華やかなもの、可愛らしいものまであり、よりどりみどり状態。

これを見ていると、まさにマスクは機能の時代から機能とファッションを兼ね備えた時代へ突入したのだと感じてしまう。

マスクは消耗品なので機能さえよければ白くて安いもので十分だと考えていた筆者。しかし、このカラフルなマスクを見たら手に入れてみたくなった。

このショップの良いところは、なんと言っても「マスク1枚から選べて少量単位で買える」というところ。

どの柄を選んでもプリーツマスクであれば10枚38香港ドルというお手軽さとなっている。

柄ものや色ものマスクは顔や服に合わないのではないかと考えると手を出し難いものであるが、この値段で1枚から選べるのであれば挑戦したくなってくる。色々試して自分に似合う柄や色を探したり、ファッションに応じて付け替えたくなるという訳である。

これから冬に向けてどんよりした天気の中、ただでさえ気が重いマスク生活もこんな明るいマスクをつければ少しは気がまぎれて楽しく過ごせるのかもしれない。

品質がよく、自分で手にとりながら1枚ずつ選べる香港製造マスクの路面店。ネットで選ぶのも簡単ではあるが、店舗で手にとり見極めながら選ぶこのようなスタイルもなかなか良いアイデアではないだろうか。(提供/フライメディア)

この記事のコメントを見る

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港製造マスク店」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携