Record China

ヘッドライン:

ブラジルが中国のワクチンを購入しない意外な理由―米華字メディア

配信日時:2020年10月19日(月) 8時20分
拡大
18日、米華字メディア・多維新聞は、ブラジル連邦政府はシノバック製のワクチンに対して「微妙な態度」を示していると伝えた。ブラジル最大の都市サンパウロ

2020年10月18日、米華字メディア・多維新聞は、ブラジル連邦政府は中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)とブラジルのブタンタン研究所が共同で研究開発している新型コロナウイルスのワクチンに対して「微妙な態度」を示していると伝えた。

多維新聞によると、ブラジルのニュースサイトG1に掲載された記事は、「ブラジル連邦政府はオックスフォード大学が研究開発したワクチンだけを購入する。ブラジル保健省が出したワクチン接種のタイムスケジュールでも、オックスフォード大学のワクチンしか含めていない」と報じた。

同国内では、「シノバックのワクチンは最も進んでおり、臨床試験で深刻な副作用は出ていない」「サンパウロ州のドリア知事は、シノバックのワクチンが安全であり、12月にも接種を始めたいと意欲を示している」などの報道もあるというが、フォーリャ・ジ・サンパウロ紙は、「シノバックに対する保健省の態度は非常に強硬である」と伝えており、連邦政府はシノバックのワクチンを購入するかとの質問に対し、「ブラジル市場にはまだワクチンがない。存在しない製品をどうやって買うのだ?」との回答だったとしている。

サンパウロ州保健局は、「連邦政府はシノバックのワクチン購入のための資金を出してはおらず、オックスフォード大学のワクチン購入しか考えていない」としている。連邦政府のこの動きは、ボルソナロ大統領によるドリア知事への政治的な報復とみられている。

ドリア知事はマスク着用やソーシャルディスタンス、隔離の実施が非常に重要な防疫措置だと訴えているのに対し、ボルソナロ大統領は新型コロナウイルスを深刻視しておらず「ドリア知事らがブラジル経済を衰退させている」と非難していた。

記事によると、ドリア知事は「来年前半には6100万本のシノバック製ワクチンを提供できる見込みで、サンパウロ州の住民4400万人にワクチン接種することができる」と表明していた。また、ワクチンを政治化して接種が遅れることのないよう求めており、21日に保健省に対してシノバックのワクチンをブラジル人全体に提供する要望書を提出するという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング