Record China

ヘッドライン:

WHOが提唱、インフルワクチンを接種すべき「5グループ」―中国メディア

配信日時:2020年10月18日(日) 17時20分
拡大
世界保健機関(WHO)は16日、「5つのターゲットグループはインフルエンザワクチンを接種すべき」と提起した。

世界保健機関(WHO)は16日、「北半球は冬が近づき、世界では新型コロナウイルス感染症の患者が増加を続け、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が衛生システムや衛生施設にとって大きな挑戦となる可能性がある」との見方を示した上で、「5つのターゲットグループはインフルエンザワクチンを接種すべき」と提起した。新華社が伝えた。

5つのターゲットグループとは、妊婦、基礎疾患がある人、高齢者、医療従事者、子どもだ。WHOの専門家は、「感染しやすい5つのグループの中でも、医療従事者と高齢者は新型コロナウイルス感染症の大流行期間中にインフルエンザワクチンを最優先で接種すべきグループだ」と提起した。(提供/人民網日本語版・編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング