Record China

ヘッドライン:

1日40万人のPCR検査を可能にする「火眼実験室」の改良工事が完了―山東省青島市

配信日時:2020年10月18日(日) 21時30分
拡大
山東省青島市で1日40万人のPCR検査可能にする「火眼実験室」の改良工事が完了した。
(1/5枚)

中国(山東)自由貿易試験区青島片区中徳生態園に設置された青島華大基因「火眼実験室(臨時エアーテント型実験室)」のアップグレード・拡張工事が14日に完了し、同日夜から運用が始まった。これにより、同実験室では1日あたりのPCR検査能力は40万人に達した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

改良された青島華大「火眼実験室」は、9つのエアーテント型検査ルームから構成されている。青島市の新型コロナウイルス感染予防・抑制対策の必要性から、青島華大「火眼実験室」の検査能力は、今後も拡大し続けられるとみられている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング